2014.12.17

モテる女性には必須!「好感度フェロモン」を高める4つの要素


「色気」と聞くと「露出」と勘違いする女性がいるように、「フェロモン」と聞くと「男性を誘惑する香り」のように思ってはいませんか?

女性人気雑誌ananでも「『好感度フェロモン』の秘密」という特集が組まれるほど、今「周りから好感度を持たれるフェロモン」が注目されているようです。

そこで「好感度フェロモンを高めるために必要な力」について同誌よりご紹介したいと思います。

1.清潔感があり健康的な色気

「女性は色気=身体のセクシーと考えがちですが、お色気ムンムンだと引いてしまう男性も多い。モテるのは、ゆったりした仕草や女性らしい立ち振る舞いが醸し出し、清潔感のある色気」

「色気」=「セクシー、露出」ではないように、フェロモンのあるモテる女性というのも、決してセクシーで露出度高めな女性、というわけではありません

重要なのは、立ち居振る舞いや言動から感じる女性らしさやなどの、いわば「清潔感のある健康的な色気」。
色気やフェロモンは外見が生み出すものではなく、内面や仕草から醸し出されるものであると覚えておいて!

2.包容力

「男性が好きなのは、自分のことを受け入れてくれそうな女性。落ち込んだときやミスをしたときにも責め立てず『大丈夫、あなたならできるよ!』と信じて励ましてくれるかどうか」

包容力が好感度フェロモンとつながっているのは意外ですが、包容力がある女性というのは、母性を感じさせてくれるので男性は一緒にいて安心できるのかも。

確かに「しっかりしなよ!」と上から目線で言ってくる女性にはトゲを感じてしまい、そこに色気は感じられないですよね。

3.距離感を感じさせない親しみやすさ

「好感度フェロモンがでている有名人」として、男女ともに多くの支持を集めたのは、上戸彩さん、石原さとみさん。(中略)男性が求めているのは当たりが強すぎず、ふんわりとした優しさと上品さを醸し出す人。」

美人だけれど、高慢な態度を感じさせないのが好感度フェロモンがある女性のようです。
確かにいくらフェロモンがある女性でも、男性に「近寄り難い」と感じさせてしまっては「好感度」はゼロですよね。

「ふんわりとした優しさ」を目指して、笑顔で人と接するなどのちょっとしたことから意識してみましょう。

4.マイナスの感情を溜めない、ぶつけない

「好感度フェロモンが高い人は"夢中になれる対象"を持っていて、それを気分転換のスイッチとして活用しています。(中略)ストレス解消のベクトルを他人に向けず、自己処理できる手段を持つことは、好感度フェロモンを育てる基本ともいえそう。」

好感度フェロモンが高い女性は、怒りやストレスを他者に向けることがないため周りから見ていつでも話しかけやすく好印象を持たれるようです。
マイナスの感情を溜めずに、自分でうまくストレスを発散させられる何かを見つけてみましょう。

おわりに

「好感度フェロモン」は言い換えれば「誰からも愛される力」のようなものです。
その力を醸し出している女性は、人から話しかけられることも多く、周りに人が寄ってくる女性のよう。

「フェロモン」「色気」=「セクシー」と考えること無く、これらの力を高めて好感度フェロモンを磨いていきましょう!

参考文献:『anan』NO.1930 2014年11月19日号 マガジンハウス
(栢原 陽子/ハウコレ)

関連記事