2014.12.20

キャバ嬢直伝!寒い冬の夜に送ればカレと一歩縮まるLINEテク・4ステップ


最近寒いですね。急に寒くなりすぎな感じすらします(笑)。
でも、寒いときこそ人肌恋しくなって、恋人がほしくなるタイミングです。きっとあなたの気になるあの男子も、夜は家で凍えながら「彼女がいれば……」とうずくまってYoutubeでも見ているはず。

そのカレ、あなたが狙い撃ちしてしまいましょう!
今回は、元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに「寒い日の夜に使えるモテLINEテク」について聞いてみました。

1.「寒すぎるよー」

「まずはファーストコンタクト。ものすごく寒かったり、外で雪が降っていたりするときは、カレとLINEを始めるのがとても簡単です。ただ『寒すぎるよ……』と送ればいいだけですから。まずはこれを送って順調にトークをスタートさせてください」

なにもない日だと、わざわざ話題を探して送る必要があるので面倒ですが、こういった日にはそれがいりません。

しかも、寒さのせいか寂しい気分になっているでしょうから、いつもより気分のよさげな返信も期待できます!

2.「ペットと一緒に寝たい〜(泣)」

「『一緒に寝たいな』と言うのは露骨すぎるので、さりげなくアピールする方法としては『こんなときに猫でも飼ってたら、一緒に寝てくれてあったかいのにぃ』ですね。勇気のある男子なら『一緒に寝ちゃう(笑)?』と返信をくれるはず」

ここまで積極的な男子でなくても、「すごいわかるわ」くらいの返信が来れば、あなたのほうから誘ってみるのもいいかもしれません。
それはそうと、猫ちゃんってほんとあったかいですよね〜。

3.「そっち暖かい?」

「『そっちの部屋寒い?』といった感じに相手の部屋の状況を探りましょう。もしもカレが『俺んち暖房効きまくっててぽかぽかだよ』となれば、『いいなぁ、うらやましい』とだけ言って、相手が誘ってくるのを待ちます。もしもお互いの部屋が寒いのなら、このまま4に進んでください!」

さらに「うちの暖房壊れてるみたいで、死にそう……」くらい付け加えてみてはどうでしょうか? 
「俺が見捨てたせいで凍死されちゃ困る!」と焦ったカレが、きっと家に呼んでくれるはず。

4.「あったかいところ行かない?」

「最後はかなり大人な、とってもロマンちっくなテクニックです。3で見たように、2人ともの家が寒くてしょうがないね、となった場合、『2人でお酒でも飲んで温まりに行かない?』と誘ってみましょう。
バーでもいいですし、最悪居酒屋でもいいです(笑)。暖房の効いたお店で朝まで飲み明かせば、もう2人はアツアツです」

なんだかとっても大人ですね。でも、翌日の授業が昼からだったり大学生同士なら全然できるかも。冬の夜に2人とも終電に乗って集合、ってなんだかスリルがあって楽しそうですよね。

おわりに

冬みたいに寒い季節のほうが、絶対に恋人が成立する確率は高いはず。どうせ家にいても寒いだけでなんにもないし、だったら恋でもして体も心も温まりましょうよ。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事