2014.12.21

クリスマスエッチの前に「かならずお手入れしておきたい」5つのボディパーツ


景気がいい頃は、12月になるとエステの会社がクリスマスまでにきれいになろう!というようなテレビCMを流していたように記憶していますが、この頃は見なくなりました。

時代はセルフ・ビューティーだということで、今回はクリスマスエッチの前に「かならずお手入れしておきたい」ボディ・パーツについてご紹介したいと思います。

男子に「彼女がどこを手入れしていないのを見てドン引きしたのか」についてお話を聞かせていただきました。
さっそくご紹介しましょう!

1.指(手)

「美容といえば背中やお尻などのパーツをイメージしがちですが、ぼくが真っ先に気になるのは指や手の甲です。寒いとカサカサの手になりますよね。おばあちゃんのような手だと幻滅します」(27歳/エンジニア)

「ハンドクリームを塗っておくだけでいっか!」と思いがちな手ですが、証言にもある通り、男子は女子の手を意外とよく見ています。指のムダ毛もきちんと処理してくださいね!

2.唇

「定番と言えば定番ですが、まっさきにケアしておいてほしいのは唇です。胸とかアソコって、部屋を暗くすればわりとごまかしがききますが、唇はごまかしがきかないですもんね」(23歳/大学生)

胸もアソコもごまかさずにケアしていただきたいですが、まあたしかに唇どうしが触れ合うと、ケアしているかどうかって、男子にすぐにバレますもんね。
この時期は乾燥しますから、普段よりいっそう気を使っていただきたいところです。

3.Iライン

「クリスマスのエッチって、わりとしつこく触ったり舐めたりしますよね。だからIラインは念入りにお手入れをしておいてほしいです!」(25歳/飲食)

クリスマスエッチはしつこい男子が多い……。たしかにその通りかもしれません。

一応、世間的には「そういうことを致す日」というカップルが多いので、男女ともに気持ちが大きくなっているのでしょう。ということは、少々の脱毛の痛みを我慢しつつIラインは念入りにケアを! と言えるかもしれません。

4.鼻の下(顔剃り)

「去年のクリスマスのとき、ロウソクの灯りのもとでキスをしていたら、彼女の鼻の下にちょっとした髭を発見しました」(22歳/事務)

ロウソクの灯りって、意外と明るいです。
理容室の女性スタッフに以前お話をうかがったところ、女性で顔剃りをする人って少ないのだそうです。

ふだんは真っ暗な部屋でエッチしている、という女子のみなさんは、今一度、鏡で鼻の下をチェックしてからイブの夜を迎えたほうがいいかもしれません。

5.かかと

「かかとは絶対にケアしておいてほしいです! ほかのボディ・パーツの手入れが多少いい加減であっても、かかとがスベスベだと『マメないい女』だという印象になるんですよね」(26歳/広告)

細かいところの手入れができている女子のことを愛したいと思う男子って、わりと多いのかもしれません。サンダルの時期じゃないとわりとさぼっている女子も多いようですが、角質の処理やらはきちんとやっておきましょう。

おわりに

いかがでしたか?
クリスマス前は、デートのプランを考えたり、プレゼントを考えたりして、なにかと忙しいと思いますが、細かなボディ・パーツのお手入れをぬかりなくやっておくと、彼と最高の夜を過ごすことができるかもしれませんね。

(ひとみしょう/ハウコレ)

関連記事