2014.12.26

正直ウザい!「束縛しないで、私浮気しないから」を傷つけずに伝える方法・4選


束縛してくる彼氏って、ちょっとウザいですよね。
カッコよくて頼りになりそうと思って付き合ったら、「ほかの男となんでメールすんの?」とか言ってきて(あれこんな人だったんですかー……)みたいな(笑)。

でもそういうときに「束縛しないでほしい」ってストレートに言うのもかわいそうで、なんかいい方法があればなと思ってしまいます。
そこで今回は、30代女性20人と一緒に「『お願いだからあんまり束縛しないで』をカレを傷つけずに伝える方法」について考えてみました。

1.さりげなくスマホを見せる

「ちょっと遠回りなんだけど、私は彼氏を安心させるために、家でお風呂に入るタイミングでわざとスマホをロックかけないで置きっぱにしたりする。『どうぞ好きに見てください。なにもやましいことはありませんから』っていうメッセージでね。実際見られてもなんにもないし。こうしたら、束縛は軽くなったよ」(テレビ関係/33才)

結局、いくら「大丈夫」って言ってもわかってくれない相手には、もう物を見せてしまうのが一番早いですよね。まあ、見られたらマズいものとかはちゃんと消去しておいて、「ハイっ」て見せてあげるのがいいかもしれません。

2.「一緒に行く?」と逆に誘う

「飲み会とかいうと『それ、男来んの?』って突っ込んでくる彼氏なんだけど、最近は私の方から『来ないよ。心配なら一緒に来る?』って逆に誘うようにしてる。そうするとだいたい『え、いいよ悪いし』って引いてくれるよ。まあ、男来るんだけどね(笑)」(教員/30才)

たしかにカレとしては、さすがに女ばっかりの飲み会には突っ込めないし、「来る?」って誘うくらいだから本当にやましいことはないんだろう、って気持ちになるんでしょうね。これは使えますね!

3.「◯◯君以外は男に見えない」を言いまくる

「嘘っぽく聞こえるとしても、なにかにつけて『あなたと付き合っていると、ほかのオトコがまったく目に入らないんだよね』と言い続けることが大事だと思う。だんだん聞いてきて、徐々に安心してくれるようになるはずだから」(学芸員/30才)

とにかく暗示をかけまくる作戦ですね(笑)。でも、こういう単純なセリフでも、たくさん言えばたしかに効果はありそうです。時間はかかるかもだけど、カレに本当に安心してほしいなら有効かも。

4.浮気されたトラウマを語る

「いかに私が浮気というものを憎んでるかをアピールするために、自分には昔、結婚を約束していた彼氏に浮気をされたトラウマがあって、今でも傷は癒えてないってキャラ設定にしてる。これなら全ッ然束縛されないから楽だよ」(美容部員/32才)

これはちょっとヒドイけど、たしかに効きそう(笑)。さすがに自分がされたトラウマを、人にはしないだろって思いますもんね。

おわりに

どうでしたか?
みなさんももしも今のカレが、ちょっと束縛ウザいなぁ、と感じたら使ってみましょう。
自由に恋愛できるのが一番大事です!

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事