2014.12.26

彼からウザがられない「放っておき上手」な女子になる方法・4選


男子には弱っている時は「優しさに包まれたいよぅ、世話を焼いてほしいよぅ」と思うし、反対に「もう本当、頼むから放っておいてほしい・・・」という気持ちになる瞬間もあるそうです。
後者のフェーズに入った男子に、是が非でも世話を焼きたいの!かまってあげたいの!と思うほど皆さんも暇ではないですよね?
ということでどんな時に放っておいてほしいと思っているのか、取材をもとにご紹介します。

1.ゲーム中は放っておく

「『土曜はデートに行くから、日曜はお互いの好きなことをする』っていうルールを付き合ってすぐに作ったんです。だから日曜日は誰にも邪魔されずにゲームをしていたいのに・・・私にもやらせてとかって彼女が絡んできてウザい。」(23歳/学生)

「ゲーム中の彼に甘えちゃおう」という作戦だったのかもしれませんが、むしろ可愛がられるどころかイラつかれてしまったようです。
家デートでゲームをされると、ついつい彼にかまってかまって~と甘えたくなることもあると思います。
ですが、彼の中で「ゲームを進める」というタスクが優先順位トップを飾っているタイミングで「かまって攻撃」をしても、鮮やかにスルーされるかウザがられるかしかありません。
真剣にペディキュアを塗っているときに、急に甘えられたり抱きつかれたらイラッとする、あの時の感じを思い出してください。集中している時はほっといてあげましょう。

2.こだわり男子は放っておく

「興味もないのに映画についてきた彼女が映画中ずーっとポップコーン食べててうるさいし、終わったら『なんか難しい話だったね。でも俳優さんかっこよかった』って。感性鈍すぎだろって思った」(25歳/IT)

映画オタクや本オタクには、自分なりのこだわりの解釈があるので中途半端な感想を言われると「イラッ」としてしまうのだとか。
ですから「私も連れてって」や「読ませて」は地雷ワード。
彼の感想を「へー」「難しそうだね」「なるほど~」とちょこっと合いの手を入れながら、ふんふんと聞いてあげましょう。

3.友達と飲み会に行く彼は放っておく

「俺の友達との飲み会に無理やり入ってきたのに話題に加われずに『仲間外れの気分』とか言ってふてくされる彼女・・・めんどくさいよー!!」(27歳/フリーランス)

女子が女子会ではっちゃけるように、男子にも彼女がいないところで好き勝手なことをいったりやったりする機会が必要。
彼にとって友達との飲み会がそんなストレス発散の場だったようですね。ワガママを言わずに、たまには彼を放し飼いにしてあげてください。

4.スマホ嫌いは放っておく

「連絡が遅いって怒られるんだけどいちいち文字打って返事するのって面倒なんだよね。」(21歳/学生)

連絡無精男子にとって、既読スルーを騒ぐ女子からの文句はノイズです。モスキート音です。これについていくら騒ぎ、がなり立て、小一時間問い詰めたところで彼の返事の遅さを改善することは難しいです。それどころか余計めんどくさがるかもしれません。

ここは潔く諦めるのが得策。「ま、いいや!放っておこう」と放置プレイに移行しましょう。彼からの連絡を放置返しするくらいまで育てばいっちょまえです。

おわりに

あちゃー、あのとき放っておけばよかったー!な瞬間はありましたか?
放っておいてほしい彼にウザがられるなんて、なんだかバカバカしくてやってられないですよね。しっかりと彼の気持ちを見極めて、引き際をわきまえている女子こそ賢いのではないでしょうか?

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事