2010.11.09

在宅業務可能!大卒元キャリアウーマンママにオススメ☆通信教育の「添削先生」の始め方

赤ペン先生に代表される、通信教育の添削業務。
在宅で仕事ができるので、教育に関心のある方は始めてみませんか?子育てとの両立も可能ですよ。
    

添削スタッフに登録する

どのサイトも人気があり、募集があってもすぐに決まってしまうので、日頃から常にチェックしておきましょう。
進研ゼミの赤ペン先生
           

 
Z会(Z-KAI)
           


応募資格は?

通信教育の会社によっても差がありますが、一般的には、小学生と中学生対象で短大卒程度、高校生と大学生対象で4年制大学卒程度の学力が必要です。

応募する

応募者多数の場合は抽選になり、且つ採用試験がある場合が多いです。

パソコン環境を整える

完全在宅の場合は、メール添付などの作業が不可欠です。個人情報を扱う為、セキュリティー管理はしっかりしておく必要があります。

又、その会社によって細かな規定がありますので、規定を満たすPC環境であることが前提です。

採用されたら

その会社によって方法は様々ですが、一般的に、一人で20~30名程度の生徒を受け持ちます。

添削・指導

手書き添削の場合は、答案が送られてきたら一枚一枚添削をします。
デジタル添削の場合は、画像化した答案データをパソコン配信します。

又、担任制の場合は生徒の成長に合わせ、やる気を引き出すサポートもしていく為、責任ある仕事となります。

提出

添削内容によって様々ですが、だいたい1週間を目安に添削用紙を提出します。同じ地域の人でグループを組む場合は、代表の方への提出となります。

報酬

一般的に完全出来高制の会社が多いと思われます。

金額×枚数分で計算しますが、答案内容やコースにより金額は複雑ですので、公には公開されていませんが、1ヶ月で10,000~30.000円から、頑張れば40,000~50,000円の出来高になる人もいるようです。

おわりに

通信教育とはいえ、生徒の個性や成長が見える仕事です。
責任を持って丁寧に指導していくという、とてもやりがいのある仕事といえるでしょう。

関連キーワード

関連記事