2010.11.09

ボランティア「治験モニター」の始め方

モニターにもいろいろありますが、薬の服用や投薬、人間ドッグ等の健診を受けるボランティアとしてのモニターがありますので、紹介します。
 

治験とは?

薬事法の承認を得る為などの目的で、医薬品や医療機器のメーカーなどが行う、臨床試験のことです。わかりやすく言えば、動物試験の後に実際の人で試験をすることです。

治験モニターって?

上記で説明した治験に、被験者として参加することです。内容によって様々ですが、自分の症状に合った治験に参加して、指定された薬を服用し日誌をつける・病院に通う・健康診断を受ける・入院する等いろいろです。

治験サイトに登録する

一般的に有名とされている治験サイトをご紹介します。

■VOB
登録者の多いサイトで、会員登録も無料です。
(PC)http://www.vob.jp/
(携帯)http://www.vob.jp/k
       


■生活向上WEB
治験だけではなく、しみ・シワ・くせ毛などの美容やコスメのモニターもあります。こちらも登録無料です。
http://www.seikatsu-kojo.jp
       

治験情報がメールで届く

対象条件を見て、自分の症状(例;花粉症・腰痛・胃の不調・肥満・喘息・皮膚炎など様々)に合った治験募集を選んで応募します。

実施機関へ行く

確認の連絡後、指定された機関へ出向きます。そこで、自分が受ける治験の詳しい説明や検査を受けます。

参加同意書へのサイン

検査の結果、実施可能の判断が出たら、参加同意書にサインをします。

治験の実施

治験コーディネーターによって、治験が実施されます。

負担軽減費(謝礼金)の受取り

治験終了後に、規定の負担軽減費(謝礼金)が支払われますが、治験の内容や機関により、支払方や受取方法に違いがありますので、確認しておきましょう。

負担軽減費(謝礼金)の目安

治験の内容によって様々なので一概には言えませんが、例として、健康診断で4,000~5,000円程度、来院投薬で10,000円程度、入院になると30,000~50,000円程度のようです。

おわりに

治験モニターは、あくまでも人試験のボランティアですので、募集要領をよく読んで、自分に合っているか十分検討したうえで、無理のない治験に応募しましょう。又、治験バイトや高額バイトという名目での詐欺にも注意が必要です。

治験参加はバイトでも仕事でもなく、ボランティア、ということを忘れないで下さい。

関連記事