2014.12.31

イメージがた崩れ!カレの前では控えたい「エッチに関する言葉遣い」4選


カレと「セックス」、いえいえ「エッチ」をしようとするときには、エッチにまつわる単語を言わなくてはならないタイミングがあると思います。
そういうとき、たとえば女子だったら「便所」じゃなくて「トイレ」みたいに言うべきなように、女子らしい言葉遣いが求められることってあるはず。

カレにとっての彼女のイメージが崩れないように、たとえ普段はなんと言っていようと、「女の子らしさ」をキープしたほうがいいでしょうね。

そこで今回は20代男子20人に「彼女が言ってたら凹むエッチに関する言葉遣い」について聞いてみました。

1.「セックス」→「エッチ」

「彼女には出来る限り『エッチ』と言ってほしいな。なんか『セックス』って言ってるとヤリマンみたいに聞こえてしまう。なんでか知らないけど。恥じらいがないからかな」(塾講師/23才)

これはぶっちゃけその女子のキャラによりますよね。結構サバサバしたタイプの子だったら「セックス」って言っても全然違和感ないし、むしろ「エッチ」なんて言ったらわざとらしいかもだし。けど彼氏としては、彼女である以上「エッチ」と言ってほしいのかも。

2.「チ◯コ」→「アソコ」

「男性器のことを『チ◯コ』とか『ペ◯ス』とか呼ばれるとビビる。恥ずかしそうに『あ、あそこ……』とか『大っきいの』とか呼んでほしいと思う」(広告/25才)

これは多分みなさん大丈夫だと思います(笑)。さすがに普段から「チ◯コ」なんて呼んでいる人は……きっといないはず!

3.「ヤル」→「する」

「昔彼女に、初セックスするときに『ねぇ、ヤろうよ』って言われたことがあって、全然興奮しなかった。なんかそういう言い方すると、性欲ムンムンですって感じ。『しようよ』のほうが奥ゆかしさがあっていい」(パソコン修理/26才)

うーん、これもなかなか微妙なところですが、たしかに「ヤル」と「する」ではニュアンスがずいぶん違いますね。「ヤろうよ」だとすっごいイケイケな感じがする。

4.「フェラチオ」→「舐める」

「『フェラしてあげようか?』も残念。『舐めていい?』とかのほうがいいな。あと『クンニ』もよろしくない」(大学生/22才)

多分男子は、エッチに関する単語を、正式名称そのままで言われるのがやなんだろうね。
だから「アソコ」とか「する」とか「舐める」とか、ちょっとぼかしたりしたほうがいいんでしょう。「ごっくん」とかもそうでしょうね。「精飲」なんていう子見たことないけど(笑)。

おわりに

どうでしたか?
正直こんなことを言うと、「なんで女子ばっかりかわいらしい言葉遣いしなきゃなの?」と思う人もいると思います。

たしかに、女子だけ言葉遣いに気をつけないといけない理由なんて本当はありません。
だからそうしたいなら好きな言い方をすればいいし、私だって実際は「フェラ」とか「精子」とかカレに普通に言いますもん(笑)。

だから今回の記事は、「カレには女の子らしいと思われたい!」って女子だけが参考にしてくれたら嬉しいです。

(遣水あかり/ハウコレ)

関連記事