泣き寝入りはしたくない!浮気の証拠を集める方法

 パートナーの裏切りの一つに浮気があります。許せる人もいれば、許せない人もいるでしょう。どちらであっても、証拠は集めてください。後悔する前に。


証拠は保険

 浮気を許せる人でも証拠は集めるべきです。何故なら、パートナーが別れを切り出してくる際、別れの理由をあなたに押し付ける可能性があるからです。

 

  これは、女性に多い傾向です。知らない間に、DVがあったと警察に届けられ、別れの話し合いも出来ない状況に陥る男性が増えてきています。一度、「犯罪者」にされてしまったら、これを覆すのは至難のワザです。

 

 こちらに非が無いと証明する意味でも、浮気の証拠は大変強力な武器になります。

日記をつける

 浮気に勘付いたとき、最初にすべきは、日記をつけることです。ブログではなく、ノートなどに書いていきます。

ネットで広くパートナーの浮気を知らしめると、名誉毀損や侮辱罪に抵触する恐れがあります。気を付けてください。


 

 なるべく冷静にパートナーの動きを観察し、それを日記に。分析の必要ありません。分析は第三者の役割です。あくまでも、日記は証拠の一つ、これを覚えていてください。日々の気持ちを書くことで、ストレス発散にもなります。

クレジットカードなどの明細は大切に

 携帯電話の通話記録、クレジットカードの明細は、パートナーの行動を知る良い材料です。ファイルにまとめるなりして、大切に保管しましょう。

 

 また、パートナーに縁が無さそうな場所のレシートも、証拠として採用される場合があるので、財布の中、ジャケットのポケット、カバンの底などのチェックは怠らずに。

見つけても問い詰めてはいけません。大事な証拠を捨てられる恐れがあります。

写真をマメに撮る

 パートナーの写真をマメに撮るようにしましょう。プレッシャーを与える、服装や表情の変化を記録する、二つの目的があります。

デジタルカメラや携帯電話のカメラには、撮った日付と時間が記録される機能が付いているので、フォルダにまとめておくだけで、比較的簡単に整理が出来るのも利点です。

 プレッシャーを加えられたパートナーは、ボロを出す可能性が高くなるので、また証拠が増やしやすくなります。撮影の名目は、その場に応じて、適当に考えてください。

浮気にも時効がある

 民事では、浮気の時効は3年とされています。発覚して3年でなく、浮気終了時から3年です。
 なので、3年以上前の浮気の証拠を掴んだとしても、離婚や婚約破棄の調停や裁判では、有力な証拠として採用されません。ご注意ください。

隠し方を知って、より多くの証拠を

浮気の隠し方を知れば、暴き方も容易に分かります。

 

浮気を隠す際の注意点

 

これらも併せて、ご活用ください。