2015.01.05

愛情も一気に冷める?男性が「もう別れたい」と思ってしまう彼女の言動・5選


別れたいと感じてから行動に移すまでの時間は、女性よりも男性の方が早いもの。
大好きな彼から別れ話を切り出されないためには、まず、別れを決意させるような言動をとらないことが大切です。

そのためにも、男性が別れを決意するきっかけとは何かを知っておきましょう。
今回は、20代の男性から「もう別れたい」と思ってしまう彼女の言動について聞いてきました。

1.携帯をこっそりチェックする

「恋人同士でもプライバシーはあるんだから、携帯チェックだけは勘弁してほしい。やましいことがなくても、他人に携帯を見られるのは嫌だ」(25歳/サービス)

携帯チェックをするのは、それだけ彼のことが好きだという証拠。気持ちがなければ、わざわざリスクを負ってまで、そんな危険なことはしませんよね。

しかし、彼のことが本当に好きなら、もっと違う形で愛情を表現してあげてください。携帯チェックは、する側もされる側も良いことなどひとつもないのですから。

2.平気でバレバレの嘘をつく

「超元気な声で『風邪ひいたから今日は会えない』って彼女から言われたことがあります。その後も、バレバレの嘘をつかれることが増えてきたので、きっぱりと別れました」(20歳/大学生)

嘘をつくことはもちろん、約束をやぶったり、ドタキャンを繰り返すのもNG!
彼に「俺って大切に思われてないのかな?」と考えさせるきっかけを与えることになってしまいます。そもそも、いい大人なのですから、最低限の約束は守るようにしましょう。

3.過去のことをいつまでも蒸し返す

「元カノと連絡をとっていた時期があって、そのことが彼女にバレたんです。それ以来、喧嘩をするたびにその話を蒸し返してくるので、徐々に気持ちが冷めてきました」(26歳/販売)

女性って、意識せずに、昔の話を蒸し返してしまうことがたびたびあります。しかし、これも彼の気持ちを冷めさせてしまう原因のひとつです。

特に、感情的になりやすい喧嘩中などに、過去の話を持ち出してしまう場合が多いので、十分気をつけましょう。

4.自分より仕事を優先される

「前に付き合っていた彼女は、よく残業や休日出勤が入る子で、そのたびにデートが先延ばしされていた。なかなか会えず、すれ違いができたのもあるけど、男の自分より仕事ができる彼女といるのが段々苦痛になってきちゃって……」(23歳/メーカー)

ばりばりと働く彼女と自分を比べて、劣等感を抱く。それがきっかけで別れを考える男性もいるようです。仕事が忙しいのは仕方のないこと。
ただ、仕事だけでなく、彼へのフォローも上手にしてあげたいですね。

5.遠回しに結婚を迫る

「彼女の部屋に遊びに行ったら、机の上に某ウエディング雑誌が。結婚か別れのどちらかを選択しないとやばいのでは?と恐怖を感じました」(28歳/営業)

女性なら一度は買うことを憧れるウエディング雑誌も、結婚のけの字も考えていない彼には、恐怖しか与えないのですね。
雑誌だけでなく、友達の結婚話を聞かせたり、結婚式の写真を見せつけるなどして、遠回しに結婚を迫るような行動はしないように。

おわりに

無意識のうちにやってしまっていることが、実は、彼の気持ちを冷めさせていることもあります。
突然、別れを切り出されて「どうして?私の何がいけなかったの?」と後悔しないためにも、彼のことを大切にしてあげましょう。

(LISA/ハウコレ)

関連記事