2010.11.11

なにかとトクする!「お願い上手」になるには?

プライベートで、または職場などで、人に何かお願いしたい時、相手をその気にさせるには、どうしたらでしょうか?

あえて遠回りする

 「~してくれない!?」、「~しなきゃだめだよ」などと、開口一番、いきなり直球をぶつけてしまうと、相手も面食らってしまい、反射的にNOと言ってしまったり、拒否反応を示してしまうこともあります。 



 そこで、ちょっと遠回りをし、まずは何気ない会話から少しずつそちらへ話題を近づけていって、【そういえば…】、【ところで…】と、いかにも、ふと思い出したというふうに切り出して、ゆっくりアプローチをしていきましょう。

悪条件を先に提示する

 実際にお願いしたいことよりも、ずっと困難と思われる【仮の提案】を先に投げかけます。相手が難色を示したところで、「それが難しければ、じゃあ、こっちは?」と、【本題】を提示します。すると、前者に比べて断然ラクに思えるので、「それならば…」と、受け入れてもらえる可能性がぐんと高まります。



 セールスなどではよく使われるテですね。プライベートでもどんどん活用していきましょう!

連帯感・共感を誘う

 たとえば、その人一人にやって欲しいことだったとしても、「~できたら、いいよね」、「~しようよ」といった言い方をしてみます。【皆で一丸となってやる】という印象を与えることで、やらされる感がかなり薄れますので、受け入れやすくなります。

 

 さらに、【あなたがやってくれるのを、皆きちんと見守っている】感を出せば、やる気を起こさせることもできます。

笑いを取ってから

 まずは、相手の気持ちを和ませましょう。

 堅い態度で、くそ真面目にお願いするよりは、ちょっと冗談まじりにふざけてみたり、気の利いた言い回しをするなどして、ふっと相手の口元をゆるませることができたら、お願いを聞いちゃおうかな、と思わせる確率が断然高まります。

理由(風味)づけする

 お願い事の前に、【~なので】、【~だから】といった言葉をつけると、たとえ直接関連性のない理由づけでも、なんとなく雰囲気で、YESと答えてしまいがちになります。

例) 「今日は天気がいいから、この仕事やっつけちゃおう!」

合わせ技で!

上記のコツをうまいこと組み合わせ、相手をうなづかせましょう! 
同時に、【甘え上手】、【提案上手】、【誘い上手】にもなれますよ。

関連記事