2015.01.05

束縛、浮気、男女差別!?モラハラ男子の見分け方・4つ


男性のなかで、最初はやさしかったのに付き合ってから急に束縛してきたり、いきなり「お前はバカすぎて話をしたくない」なんてひどいことを言い出すひとっていませんか?

かつて女子へインタビューしてきた際に聞いたモラハラ男子には共通点がありました。あらかじめモラハラ男子から逃れるために、付き合う前から見抜ける4つの特徴をご紹介いたします!

1.女友達へだけキツイ言葉を使う

「男友達には『〇〇とってきてよ』とお願いするのに、女友達には『なんでお前こんなこともできないんだよ』って言うような男の人と付き合ったことがあります。
『朝起こせ、飯を作れ、なんでできないんだ、愛が足りない』って言い出して怖かった」(20歳/大学生)

女性に対してだけ、キツイ言葉を使う男性は要注意。また、そういう態度を責めると「あいつがトロいからだろ」とあやまることができないのもモラハラ男子の特徴です。
モラハラ男子は自分が悪かったことを認めることがとても苦手。つい相手のせいにしてしまいます。

ただし、モラハラ男は自分が男女差別してるなんて思いたくないので、ふだんは女子の荷物を持ってあげたり、サプライズでケーキをくれたりします。でも細かい口調はごまかせません。親しい相手にはつい、責める言葉を使ってしまうようです。

2.連絡が女子ばりにマメ

「すっごい連絡してくれる。それも『今まで辛い人生だったけど君に会えてよかった』みたいな、そんなこと言われたら恋に落ちちゃうでしょ!ってことすぐ言ってくる。
まぁその後6人に同じLINEしてたって知りましたけど」(23歳/メーカー)

連絡がやたらマメな人は危険信号です。モラハラ男は女性がマメな連絡をしてほしいことも知っていますし、自分も寂しがりやなのでマメに連絡をしてきます。

でもいざ付き合い始めると「お前、このLINEが既読になるまでの間何やってたの?」と寂しさのあまり束縛男になることも。

3.かまってあげないと怒りだす

「熱で寝込んでて3日連絡しなかったら、浮気してると思い込んで実家の両親に連絡された」(19歳/大学生)

試しに彼の連絡を3日間スルーしてみましょう。そこで怒り出したら、彼はモラハラ危険度90%です。

普通は気になる人と連絡が取れなければ「風邪ひいたりしてないかな」「なにかイヤなことを言って怒らせちゃったかな」と【心配】するものです。
そこで「何で連絡くれないんだ!?」と怒り出すのはあなたより自分のさみしさをうめてもらう方が大事だから。

「連絡しないと怒る」のは「親のような立場で、あなたを子供のように管理してもいい」とカン違いしてるかも。

4.「女ってこえーよな」と言い出す

「飲み会で男グループが『女ってこえーよな』って話してたんですよ。なんでか聞いてみたら『浮気したらブチ切れられた』とか明らかに男のほうが悪い。それを指摘したら『なんで飲みで楽しく話してんのにお前空気読めねえの?』って逆にキレられました」(24歳/大学生)

モラハラ男は「女は強い」とか「女はこわい」と言うことがあります。女性を束縛したり、怖いことをしてくるのはむしろ男なのになんで?と思うかもしれません。モラハラ男は自分がコントロールできないものを怖がります。
自分を見捨てて離れていってしまいそうな強い女性はモラハラ男の天敵なのです。

大事なのは、NOと言える女性になること

以上、モラハラ男のチェックリストを掲載しました。見ていくとわかるように、モラハラ男はさみしさを抱えたひとです。自信がないからあなたに愛されることで自信をつけたいのです。

でも、あなたがそれに全部付き合う必要はありません。一番大事なのはあなた自身が「いざとなったらNOといえる」女性でいること。楽しい恋愛をしていきましょう!

(トイアンナ/ハウコレ)

関連記事