え、そんなつもりじゃ!男子が『逆セクハラよ!』となる女子からのアプローチ


気になるカレが、いわゆる草食系でちょっと奥手な男子の場合、みなさんのほうから積極的にアプローチしていくことってあると思います。
でも、そんなときに気をつけたいのが、ついついガツガツいき過ぎてカレを傷つけてしまうこと。

自分はそんなつもりじゃなくても、相手にとって不快なら、それは立派な「逆セクハラ」ですからね。
そこで今回は、20代男子30人に「『キャ、やめて!』となる女子からのアプローチ」について聞いてみました。

1.過剰なボディタッチ

「ドキドキさせてそれで落とそうって作戦なのかもしれないけど、はっきり言って迷惑。
ぶっちゃけどうリアクションしたらいいかわからないし、女子だって好きでもない男子に身体触られたら嫌だろうし、たとえ好きな人からであってもちょっと困るって人が多いんじゃない?」(大学生/21才)

これはたしかに喜ぶ男子もいるんだけど……。相手によるね。
ちょっと苦笑い、みたいな感じだと、たぶんあんまし正解ではなさそうです。

2.毎日LINE

「気持ちはわかるけど、毎日こまめにLINEばっかり来るのは、ある意味セクハラだと思う。さすがに相当ヒドイ男子じゃない限り、女子からのLINEって無視できないよ。だから『ああ、また返さないとだ……』ってプレッシャーを感じてしまう」(コンビニアルバイト/25才)

いくら好きでも、毎日はよくないですね。それに、たまにはなにも連絡をしない日とか作らないと、恋愛テクニック的にも問題アリですよ!

3.「好きなタイプは〜?」

「好みのタイプを聞いてくるのも結構キツい。まず、わざわざなぜ答えなくちゃいけないのかがわからない。しかもそういうふうに聞いてこられると、気を遣って『その子と近からず遠からず』タイプを言わなきゃだから大変」(営業/26才)

もっと最悪なのは「じゃあ、私はどうっ?」てズバリ聞いちゃうことね。合コンとかで、やっちゃいがちだなぁ(笑)。

4.「デート行こうよぉ!」

「遊びに誘われるのは、あまりに強引だったり、やんわりと断ってるのに『じゃあ、その次の週は?』みたいにガツガツこられると参ってしまう。逃げ道がない……」(デザイナー/25才)

断るのが苦手で押され弱い男子って、デートですら嫌々OKしちゃうんですね。
嫌ならはっきりと断ってくれればいいのにって思うけど、あっちからしたら「そんなに簡単じゃないよ」って感じなのかも。

5.「そんなんじゃダメ」

「たしかに僕は奥手で女子に対しても終局的だけど、かといって『◯◯君はそんなんじゃダメだよ?』みたいに否定されるのは我慢ならない。そんなふうに言われる筋合いがないし。好きな子だったら僕だってそれなりに頑張るよ」(大学生/21才)

「逆セクハラ」になっちゃう一位は「男らしくして!」みたいな言葉らしいです。いくら相手が奥手だからって、イライラしてこれを言ってはいけませんよ。

おわりに

どうでしたか?
相手が草食系男子だったりして、こっちからいかないとみたいな状況であっても、やりすぎはNG。向こうが声にして「嫌だ」って言わないからってズケズケいったら、だめですよ。

(遣水あかり/ハウコレ)