男性が彼女と付き合っていて「幸せだな」と思う瞬間・4つ


好きな人と一緒なら、どこでデートをしても特別な場所に思えるもの。男性も本命相手として考えている女性と過ごす時間は、基本的になにをしていても楽しいと感じるものです。

もしかしたらあなたの知らないところで、彼が「デートできて良かった」と思う瞬間もあるかも……?今回は男性が彼女と付き合っていて「幸せだな」と感じる瞬間を調査してみましたのでご紹介します。

1.ご飯に誘われたとき

「仕事から帰って来て、丁度いいタイミングで『お疲れ様。今から一緒にご飯食べに行かない?』と誘われると嬉しくなる。『彼女と結婚したら……』っていう妄想も掻き立てられます」(24歳/製造)

欲しい時に連絡をくれたり、こっちから送った連絡が相手にとってグットタイミングだと、「私たち相性がいいのかも」と思いますよね。それは男性も同じ。
特にひとり暮らしをしている男性にとって、こういった連絡はホッと肩の力が抜けて癒やされる瞬間です。

「俺のことを考えてくれているんだ」と実感しやすいので、彼が仕事で疲れている時や落ち込んでいる時は「お疲れ様」「なにかあった?」と、あなたなりに気遣いを見せてあげて。
少しずつ相手に踏み込んでいくうちに、彼もあなたの存在がとても有り難く感じるようになるはずです。

2.彼女の喜ぶ顔が見れたとき

「喜怒哀楽が少ない彼女が嬉しそうに喜んでくれた時。誕生日プレゼントを贈って、恥ずかしそうに俯きながら『ありがとう』と言ってくれたのは嬉しかったな」(22歳/大学生)

男性は女性が思っている以上に、彼女がデートを楽しんでくれているか気になっているものです。彼女の楽しみ具合によって、デートの充実度が決まると言ってもいいでしょう。

特に付き合い始めは1回、1回のデートの仕方によって、ふたりの関係性が決まってくるものです。ムリしてリアクションを取る必要はありませんが、自分の思ったことを口に出したり、感謝の気持ちを示すことは大事。

特に「ありがとう」「嬉しい」といった言葉は積極的に言ってあげると、彼も悪い気はしないはずですよ。

3.看病をしてくれたとき

「俺が風邪で寝込んでいる時、彼女がお粥を作ってくれてすごい泣きそうになった。数年ぶりにできた彼女だったので、思わずジンと来たんです」(23歳/飲食)

体調を崩していると、つい精神的にも弱くなってしまいがち。そんな時、親身になって看病してくれる人がいると、とても心強いですよね。
「恋人なら当たり前じゃない?」と思う女子も多いかもしれませんが、そこまでしてくれるのは本当に相手のことを思っているからこそ。

彼との関係が上手くいってなかったり、距離が以前として縮まらないようなら、彼が辛い時こそ支えになってあげると、彼のあなたに対する見方も変わってくるかもしれません。

4.彼女とエッチをしたとき

「好きな子とするエッチは特別。賢者タイムを迎えても気持ちが覚めないし、むしろ彼女のことをもっと大事にしたくなる」(21歳/大学生)

男性は女性よりも性欲が強いので、恋愛にもセックスが切り離せません。でも、本命彼女に対しては別。無理にエッチをしようと思わないので、たとえエッチができなくても付き合っていて充実感があるのです。

とはいえ、彼女とエッチが出来た時は、なんとも言えない幸福感に包まれるそう。
エッチをすることで「もっといい男にならなきゃな」と彼なりに決心がつく瞬間でもあるので、エッチを通じてふたりの関係が深められるよう意識してみて。

おわりに

あなたの彼も口にしていないだけで、こうしたポイントに幸せを感じているかも。

ふたりの関係を充実させるためにも、同じようなシチュエーションに遭遇した時は頭の片隅にでもいいので意識してみると、彼のあなたに対する印象が少しずつ変わっていくかもしれません。

(柚木深つばさ/ハウコレ)