2015.01.10

本気で痩せたいなら、急がば回れ!今チェックしたい「ダイエットの基本」


皆さん、流行りや我流のダイエットに振り回されていませんか?
そんな時こそ「急がば回れ!」です。ダイエットの基本からおさらいしてみましょう。

ダイエットとは?

ところで、そもそもダイエットの定義ってなんでしょうか?
「何を今更、痩せる事に決まっているでしょ!」と言われそうですが、実は違います。

「ダイエット(diet)とは、規定食という意味である。
人や動物や共同体が習慣的に摂る食品のこと。
健康のため、美容のため、肥満の防止(や解消)のため、
食事を制限すること。」(Wikipediaより)

つまり、ダイエットとは、「習慣」や「食事制限」のことであり、ダイエット=「痩せる」ではありません。
そして、ダイエットの基本は「食事療法」がメインです。

スキマビクスダイエット

現在、最も売れているダイエット本をご存知でしょうか?
『ダイエットは運動1割 食事9割』(森拓郎著)という本です。
運動で痩せようとすると、ストレスが溜まり、かえって食欲が抑えられなくなるから、食事療法で痩せて、それをサポートする範囲で運動をして痩せましょう。…という内容のようです。

私が推奨する「スキマビクスダイエット」では、ご紹介した本の内容とほぼ同意見ですが、もう少し運動を重視しています。
なぜなら、若さと美しさを維持し続けたい「女性」をメインターゲットとして意識しているからです。
体重を減らすだけでなく、ボディラインを補正しながら、痩せて頂きたいと思います。
そこで、スキマビクスダイエットでは食事をメインとしながら、運動を2割に設定しているのです。

ダイエットの成功は一枚の布

ダイエットの基本は、「食事」と「運動」、そして「生活習慣」の改善です。これはどこまでいっても変わりません。
そこにノウハウをプラスすることで、大きなストレスを感じることなく痩せられるのです。
つまりダイエットは、ダイエットの基本が「縦糸」、ノウハウが「横糸」で織り上げられた、一枚の「布」のようなものです。
日々の生活をスモールステップで変えることで、無理なくダイエットできるのですね。

ノウハウの根拠

摂取エネルギーが消費エネルギーよりも少なければ、痩せますよね。
これが基本となるカロリー計算です。

さらに摂取エネルギーを減らすノウハウの例として、「食べる順番ダイエット」があります。野菜を先に食べてから、他の食品を食べると栄養素の吸収を阻害するので、糖の吸収が抑えられて痩せられるというノウハウです。

また、消費エネルギーを増やすノウハウの例としては、空腹時に運動すると「体脂肪が消費しやすい」なんていうものがあります。
このように、カロリー計算だけでは辛いダイエットも、ノウハウを組み合わせると、楽にダイエットできるのです。

最後に

ダイエットを一人で継続するのは大変ですね。
お友達と一緒にしたり、ダイエットサークルに登録したりするのも良いと思います。また、私のようなダイエットカウンセラーにお願いするのも良いでしょう。
しかし、一つこれだけはお願いします。急に痩せるのだけは止めましょう。
痩せることよりも「綺麗になること!」
これが私の意見です。
若い年齢から、ダイエットとアンチエイジングの基本を理解することで、「ずっと無理なく綺麗!」が実現できます。
吉永小百合さんは70歳を超えて、現在の若さと美しさを維持しています。
オフの時は、1日1km以上泳ぐそうです。
食事療法「8割」と好きな運動「2割」で素敵な女性になりましょうね。

(林田玲子/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事