2015.01.11

攻める、守る?隣の部屋からエッチな音が漏れてきたときのナルホド対処法・5選


こんにちは、ぽこひろです。
学生さんとかだと、部屋の壁が薄かったりして隣の家からいろんな音が聞こえてきたりしますよね。電話の話し声だったり、せきだったり、テレビの音だったり。

まあ、これくらいなら全然お互い様なので気にしないですが、問題は「エッチの音漏れ」ですよね……。

普段はリア充なみなさんが、この音を「聞かせる側」ですけど、たまには「聞く側」になることだってあるはず。

そこで今回は、2~30代女性30人に「隣室からエッチな音が漏れてきたときの対処法」について体験談とともに語ってもらいましたよ。
ウィーーー!!!!

1.壁ドン「ドーーーンっっっっ!」

「私は、壁ドンをしますね。あ、あのロマンチックなほうの壁ドンじゃないですよ(笑)。超現実的な方の壁ドンです。パラパラと壁の土が落ちてくるくらいの強さで『ドンっ!』。
なんで強くするかというとですね、音が大きくでビックリしたほうが、あっちの彼氏がビビって萎えちゃうと思うからです」(庶務/30歳)

まるで太鼓の達人でも楽しむように、「ドンドンカッ、ドンドンカッ(カッは口で言ってください)!」と壁ドンを始めれば、どんなカップルでもたちまち逃げ出してしまうはずです。

2.ピンポンダッシュ

「壁ドンしたい気持ちわかるなー(笑)。けどそれだとやってるのが私ってバレるから気まずいでしょ? だから私はピンポンダッシュ。これならばれないよ」(スーパー/30歳)

いやぁ、懐かしいですね。男子ならおよそ誰もが小学生時代に経験済みのピンポンダッシュ。大人になってからはこんな使い方があったとはね……。やりすぎは迷惑なのでやめましょうね。

3.部屋の反対側へ避難

「私やったらなにもせんと、自分の部屋の反対側の隅っこへ逃げるかなー。だって私もたまにカレとうるさいやろうし、その意味ではお互い様やし」(ウェブ/28歳)

うーん、1や2が超攻撃的な対処法だとしたら、これは超典型的な守りの態勢。なんだか悔しい気持ちになってしまいますけど、一番音沙汰がないのがこれです。

この女性のように、普段は自分たちも迷惑をかけている自覚があるなら、これがいいかもしれませんね。

4.カレを呼んで応戦

「速攻で彼氏に連絡して『今すぐに来て』って召喚。カレが来たらそれを聞かせて『こっちもヤっちゃう?』みたいに応戦するね。これだったらお互い気まずくないっしょ」(女子大生/22歳)

なかなか機転を利かせた巧みなフォーメーションですね。壁を挟んで、間接的に4Pをしていることになりますね(なりません)。

ただ、カレを呼んで到着するまで、壁の向こうのカレは頑張れるかという現実的問題に直面するのですが……。

5.咳払いを何度も何度も……

「地味に、何回も壁の近くで咳払いをして『気付いてくださいー』ってシグナルを送り続ける。基本的にはこれで、ちょっと音量下げてくれるよ」(書店員/26歳)

うーん、とても弱気ですが、改善される可能性があるという点で3よりはマシ。
ぽこひろ的には、もっとも現実的かつ実効的な対処法だと思いますよ。

おわりに

いかがでしたか?
とくに夜寝ようとしたときに聞こえてくると、なかなかやっかいですよね。

みなさんもこれらの対処法をマスターしておいて、ケース・バイ・ケースで適切なものを選択できるように心構えをしておきましょうね。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事