1

美意識の高い女性の間で、ビールでヘアパックするのがブームになっているそうです。一見、ギョッとしてしまいそうですが、ビールには女性の髪にうれしい成分がたくさん入っているとのこと。そうと聞けば、晩酌の残りのビールでもヘアパックをしたくなるかもしれません。今回はビールを使ったヘアパックの効能と、作り方を調べてみました。

ビール酵母が髪に良い!

2

ビールには亜鉛、カリウム、マグネシウム、ビール酵母などが含まれています。ビール酵母は、ビール造りには欠かせない酵母で、ビール酵母には髪の成長を助ける働きがあるそうです。たんぱく質や、ビタミンB群、亜鉛、カリウム、マグネシウムなども含まれているので、最近ではビール酵母で育毛するサプリメントも発売されているのだとか。ハリウッド女優のキャサリン・ゼタ・ジョーンズもビールとはちみつでトリートメントしているとコメントしています。ビールでトリートメント、と聞くとびっくりしてしまいそうですが、セレブの間でも人気と聞くと、試してみたくなりそうです。

ビールシャンプーの作り方

3

それではさっそくビールシャンプーを作ってみましょう。ビールをフライパンなどの浅型の鍋に入れて、10分弱煮詰めます。部屋中にビールの匂いが広がりますので、換気扇を回すなど対策を取ってくださいね。使うビールは、ホップと麦だけが原材料のような、オーソドックスな製法のビールがおすすめです。この煮詰めたビールを冷ましてから、いつものシャンプーに混ぜて使ってください。小分けにして、別の容器で混ぜるのがおすすめ。あとは通常と同じようにシャンプーするだけ。まずは少量から使ってみて、自分好みに調整してみてください。

ビールと卵白とオートミールで作るコンディショナー

4

ビールと卵白、オートミールを用意して、それらを順に混ぜ合わせるだけでコンディショナーを作ることができます。オートミールは最後に入れるようにしましょう。乾いた髪にこのビールヘアパックを付けて、蒸しタオルで髪全体を包むようにします。出来れば1時間ほど置いてから、流しましょう。洗い流した後にシャンプーをすると、しっとりした仕上がりになります。コンディショナーやリンスは不要ですが、気になる方は使っても構いません。卵の白身も髪に良いたんぱく質ですので、さらに美髪効果が狙えます。洗い流した後、オートミールで排水溝が詰まらないようにしっかりと掃除をしてくださいね。

5

ビールシャンプーもコンディショナーも、発泡酒ではなくビールを使うのがコツです。ビール酵母こそが、美髪のポイントなのです。今回ご紹介した情報も参考に、ビールのヘアパックを試して見てはいかがでしょうか。