1

お祭りや花火大会などの季節となると、好きな人とデートに出かけることもあるでしょう。浴衣は洋装に比べて着る機会がなかなかないからこそ、こだわる人も多いはずです。そんなとき、浴衣にぴったりのヘアアレンジは心得ていますか? テクニックがなくても誰でも簡単に涼しげな印象を与えられるヘアが作れます。浴衣と一緒にヘアアレンジも楽しんで思い出をより特別なものにしましょう。

浴衣を着てお祭りにでかけよう!

2

女性の浴衣姿は男性にも人気。それも、普段着とのギャップが心を惹きつけているようです。また浴衣から見えるうなじや、足首などのパーツは色っぽく、日本人女性古来の「奥ゆかしさ」や「清楚さ」を連想させるようです。では男性に人気の浴衣のカラーとは、どんなものなのでしょうか? それは年代によって変わります。10代に着て欲しい浴衣といえば、濃いピンクや薄い黄色。若々しさや可愛らしさがアピールできるといわれています。また20代以降は、紺、白、紺紫、薄いピンクといった色。上品で大人っぽい印象が感じられるそうです。年齢によって女性も魅力が変化してくるため、自分のイメージにあった色を選ぶのがいちばんということでしょう。

浴衣に似合うヘアアレンジ!

3

浴衣に合わせたヘアアレンジも覚えておけば、雰囲気アップにつながります。だれでも簡単にトライできてこなれ感が出せるのが「メッシーバン」。英語で「バン」とはお団子を意味します。「メッシー」は、散らかった、というような意味を指すので、ほどよく崩れたお団子こそが「メッシーバン」ということになります。お団子を上手に作るためには、あらかじめ髪全体をゆるくコテで巻いておくとまとめやすくなります。サイドの毛やえりあしの後れ毛などの毛束を指でつまんで、リラックスしたムードを演出するのも良いでしょう。また、前髪をアップにして軽くピンで留めた「ポンパドール」ヘアは1分程度でヘアアレンジできてしまうので、挑戦しやすいはず。顔まわりもすっきり見えて、涼しげな印象がアップします。

こなれ感をプラス!

4

浴衣に合わせた和風アクセサリーや小物も見逃せません。たとえばかんざしはミディアム〜ロングヘアの方におすすめ。メッシーバンにラフに刺してみても良いでしょう。ショートヘアの方は、和風のピンやバレッタなどを使ってアレンジを楽しんでみて。人で賑わうお祭りや花火大会では巾着や小さめのバッグなど、人混みでも邪魔にならず扱いやすいカバンが重宝します。浴衣の色調とは違う巾着をあえて選んでみても、コーディネートのアクセントになりメリハリのあるスタイリングになるでしょう。

5

いかがでしたか? 今回は浴衣にピッタリなヘアアレンジをご紹介しました。浴衣を着る機会が増えるこの季節、お気に入りのヘアアレンジを見つけて花火やお祭りデートを楽しみましょう!