ニベア プレミアムボディミルク 200g(オープン価格)


 

出典:www.cosme.net

 

こちらは、「青缶」が有名なニベアのボディミルクです。

その保湿力は有名なので、乾燥肌の人でも安心して使えますね。

 

肌にのせて塗りこむと、いつの間にかスッとなじむ軽い質感が特徴です。

しっかりと保湿されている感覚があるのに、べたつかないので、時間のないときでも安心ですね。

また、高保水型ヒアルロン酸配合しているので、その潤いが長続きします。

 

匂いは、さわやかなローズの香り。

決してしつこくなく、アロマのように優しく香ります。

ドラッグストアはもちろん、コンビニでも買えるので、お仕事帰りにぜひいかがですか。

 

 UREA 尿素10%ボディクリーム 120g 749円(税抜)


 

出典:www.cosme.net

 

こちらは、尿素が10%も配合されているボディクリームです。

乳液状のクリームなので、肌にすーっとのびますよ。

 

ハンドクリームなどで使われることの多い「尿素」。

なかなかインパクトのあるネーミングですが、尿に多く含まれていることからこの名が付けられただけで、決して尿から成分をとっているわけではありません!

 

もともとは、無色もしくは白色の、結晶のような形をした粉末成分です。

主に、角質を柔らかくする働きがあります。

 

尿素は人体からも取れる成分のため、肌への浸透力は抜群です。

肌荒れしている方や、敏感肌の方も、安心しておためしください。

 

 ジョンソン・エンド・ジョンソン エクストラケア 高保湿 ローション 200g(オープン価格)


 

出典:www.cosme.net

 

こちらは、ベビーオイルで有名なジョンソンアンドジョンソンのボディローションです。

この商品にもベビーオイルは配合されているため、肌に優しいローションとなっています。

 

ジョンソンアンドジョンソン独自の美容保湿成分が含まれているので、塗った瞬間の潤いはもちろん、持続性のある美しい肌へと導いてくれます。

使えば使うほど、肌に潤いをためこんでくれるので、地肌のしっとり感が増していくのを感じていただけるかと思います。

 

ローズとジャスミンの香りが癒し効果あり♡

朝晩のボディローションを、ぜひ習慣にしてみませんか。

 

 米ぬか美人 しっとりクリーム 140g 1,800円(税抜)


 

出典:www.cosme.net

 

こちらは、お米のイラストがなんともチャーミングな薬用ボディクリームです。

米由来の保湿成分はじめ、ホホバ油・アロエエキス・シソエキスなどの天然植物性成分をたくさん配合しているので、肌に優しいのが特徴です。

 

また、尿素も含まれているため、ひじやかかと、ひざなどの硬くなりがちな部分に塗りこむことで、肌を柔らかく整えながら、潤いをプラスしてくれますよ。

 

無臭で弱酸性、そして薬用なので、家族みんなでお使いいただけます。

これ1つで、家族みんなの肌に潤いを与えてあげてください。

 

 ビオレu 角層まで浸透する うるおいミルク 無香料 300ml(オープン価格)


 

出典:www.cosme.net

 

こちらは、弱酸性のボディーソープで有名なビオレのボディミルクです。

角層まで保湿成分が届くよう作られているので、肌の奥からしっかりと潤います。

 

意外にも、使い心地はさらっとしています。

しかも、無香料タイプなので、お風呂上りでじっとしてくれないお子さまにもパパッと塗れて、助かりますよね。

 

また、たっぷり300mlなので、贅沢に使えます。

ポンプ式なのも便利ですね。

家事に育児に忙しいパパママの立場に立った商品となっています。

 

菊正宗 日本酒の乳液RN 380ml 840円(税抜)


 

出典:www.cosme.net

 

こちらは、日本酒を製造している「菊正宗」が化粧品を発売したことで有名となりました。

日本酒(コメ発酵液)に3種類のセラミドを配合した、非常に個性的な乳液です。

 

日本酒の甘いほのかな香りが特徴。

鼻にすっと抜けるアルコールの匂いが独特で、クセになります。

使い心地はべたつかず、さらっとしていますが、「日本酒風呂」なんかで実証済みの保湿力ですから、その潤いは本物です。

 

顔~からだと全身に使えて、しかも大容量! コスパは最高ですよ。

ぜひ化粧水と一緒に使ってみてくださいね。

 

 

いかがでしたか?

すべてプチプラなので、ぜひ数種類を買い揃えて、気分で使い分けてもいいかもしれませんね。

個性豊かなボディクリームとともに、お風呂上りのリラックスタイムをお過ごしください♡