ペッタリ、パックリ前髪の原因と予防


 

 

・ペッタリ前髪さん


ペッタリ前髪になってしまう原因は主に2つあります。

1つは前髪をセット後キープしようとスプレーやワックスを塗った時の、塗り過ぎです。

どうしてもベタつきの原因となってしまうので、過度な塗り過ぎは注意です!

 

夕方になるとペッタリしてしまう人は、おでこにかいた汗や皮脂が原因であると考えられます。

汗をこまめに拭くのも予防になります。あとは、おしろいやベビーパウダーなどをおでこに塗るのもオススメです。

おしろいやベビーパウダーは、汗や皮脂を吸収してくれるので前髪を皮脂でベタつかせない効果があります。

 


・パックリ前髪さん


パックリ前髪の方は、髪を濡らしたあとタオルやターバンで髪の毛を覆っていたりしませんか?

濡らした後やお風呂を出た後、濡れたままで自然乾燥やある程度乾くまでドライヤーで乾かさなかったりしませんか?

パックリ前髪さんは、根元の生え癖も原因であるので濡れた後すぐに乾かすことが大事です。

癖が付きやすい方は、少しの時間タオルを巻いているだけですぐに跡が付いて取れなくなってしまいます。

濡れた髪をタオルで拭いたらすぐにドライヤーで乾かすことが大事です。


前髪の整え方


 

 

前髪を乾かす時、ドライヤーを下から当てるのはNGです!

髪の毛が逆立ち、癖が付いてしまうので、寝かすように上から当てましょう。

後ろの髪の毛も全体的に前へ前へ持ってきて上からドライヤーを当てます。

ある程度乾いてきたら、前髪を指の腹で左右に髪を揺らして乾かしていきます。

 

癖が付きやすいところは、癖にならないように押しながら揺らして乾かします。

アイロン掛けのように押すのがポイントです。

このドライヤーと指で生え癖をなくして整えていきます。

最後にブラシを当てて乾かしていきますが、この時もドライヤーは上から当てるようにしましょう。

前髪ヘアテクニック


 

出典:up.myreco.me

保坂 真吾 @tamo009

 

前髪を流してみたり、カールをつけてみたりするだけで、パックリ前髪さんもペッタリ前髪さんも、誤魔化せるだけでなくオシャレな前髪になりますよ。

・流し前髪

 

出典:up.myreco.me

amr_0308@amr_0308

 

流し前髪の場合は乾かす時に2:8になるくらいで癖を付けながらドライヤーを当てます。

この時もドライヤーは上から当ててくださいね。

前髪より少し多めの後ろの髪の毛から癖を付けると流れやすくなりますよ!

根元に指の腹を当てて揺すりながら癖付けていきます。

最後にブラシを当ててブローしていけば完成です。

 

流し前髪を普段からしていれば、変なところでパックリ割れることも少ないですし、割れてしまった時に普段の真っ直ぐ前髪よりも手ぐしで流せば直しやすいと思いますよ!


・カール前髪

 

出典:up.myreco.me

Haruki Fujimoto@rima.haruki

 

毛先がくるんとカールしている前髪、流行っていますよね!

可愛いだけではなくて、癖付きやすい人はカールぎキープしやすいのでオススメです。

前髪を乾かしたあと、コテやアイロンでカールさせていきます。

前髪全体をカールさせてしまうと、浮いてしまうので毛先だけカールするようにします。

先ほどの流し前髪と合わせるとさらにこなれ感があり、可愛い前髪になりますよ!


いかがでしたでしょうか?

ペッタリ前髪さんも、パックリ前髪さんもちょっとしたやり方で予防出来、さらにこなれ感のあるオシャレな前髪にすることが出来ますよ。

「私の前髪は無理だ!」と思わないで、ぜひ一度挑戦してみてくださいね!