使うと化粧ノリが変わる!3Dスポンジがやっぱりすごい!

発売直後からまたたく間に人気に火がついた、3Dメイクスポンジ。そのポップでかわいらしいビジュアル×今までにない使い心地が評判で、人気の商品は常に入荷待ちの状態なんだとか!

でも気になるのが、たくさんのブランドから出てるけど何がどう違うの?ということ。そこで今回はドラッグストアやドンで手軽に購入できる5ブランドをピックアップして、それぞれの違いを詳しくご紹介。欲しいけど何を買えばいいのか分からない!と悩んでいた人は、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

 

有名ブランドからコスパ◎のものまでたくさんある!

アメリカで大ヒット!「キスニューヨーク」

キスニューヨーク フラットエッジタイプ 518円(税込)

アメリカで大ヒット中の「キスニューヨーク」。購入が難しいビューティーブレンダーと違い、ドンキなどのバラエティショップで簡単に購入することができます。形は全部で4種類あり、今回紹介する「フラットエッジタイプ」の他に、小鼻や目元の凹凸におすすめの「ブレンディングタイプ」、細部や全体にマルチに使える「ティアドロップタイプ」、あご周りや目元などの細部におすすめの「エルゴノミックタイプ」があります。

 

「フラットエッジタイプ」は、顔全体や口周りの使用におすすめ◎

 

ドライ・ウェットどっちも使えて、ファンデの種類も問わない!

キスニューヨークはドライ・ウェットどちらも使えますが、基本的にはパウダーはドライ、リキッドはウェットをおすすめしているみたい!水に含ませると、1.5倍ほどの大きさになります。

 

ドライ×パウダーファンデの使い心地

パウダーは1箇所につけすぎてしまうということもなく、均等に塗り上げることができました。でも、薄塗りなのかというと…微妙。ドライのままでは触り心地もイマイチでした。

 

ウェット×リキッドファンデの使い心地

ウェットにすると一気にもちもち度アップ!水を含ませたことでなめらかな触り心地に変化します。リキッドの場合は、薄塗り感を実感することができ、満足な仕上がりになりました。

 

小さいサイズだから細部に塗りやすい!「ロージーローザ」

ロージーローザ 3Dスポンジミニタイプ 734円(税込)

通常の3Dスポンジの半分以下サイズで、小鼻や目元・口のキワなど細部にも塗りやすい「ロージーローザ」。こちらもバラエティショップやドラッグストアで購入することができます。ミニサイズはこの1種類のみで、他に通常サイズのダイヤ型のものも発売されていますよ。

 

スポンジは、「フラットエッジタイプ」「ひょうたんタイプ」「ミックスタイプ」の3種類。それぞれ使いやすい場所が違うので、使い分けて使用するといいかも!

 

ウェットで使う!基本的にはリキッドファンデのみ使用可能

ロージーローザのスポンジは、水を含ませウェットの状態にしてから使います。他のメーカーと違う点がもうひとつあり、スポンジにファンデーションをつけて使うのではなく、指で肌にファンデーションをのせたあとトントンと馴染ませるように使います。そして、基本的にはリキッドファンデのみ使用可能。パウダーファンデの場合には、水あり使用が可能と表記のあるものだけ使えるそう。

 

ウェット×リキッドファンデの使い心地は?

ポンポンと肌に馴染ませることで、ファンデーションの密着度がぐんと上がるのを実感できました。水を含ませることで、スポンジのふわふわ度もアップするので、肌触りも気持ちいいです♡

 

3種のスポンジを使いわけ「SHO-BI」

SHO-BI 3Dメイクアップスポンジ 842円(税込)

3個入りで842円というコスパの良さを誇る「SHO-BI」。SHO-BIの3Dメイクスポンジは、おそらくこの3個入りの1種類のみだと思います!

 

こちらもそれぞれ形が違うので、場所によって使い分けることができますよ。ロージーローザの3つと形が似ています。

 

ドライ・ウェットどっちも使えて、ファンデの種類も問わない!

SHO-BIはドライ・ウェットどちらでも使うことができます。ただ、リキッドファンデの場合にはドライだと吸い込みすぎてしまうため、ウェットでの使用がおすすめだそう◎

 

ドライ×パウダーファンデの使い心地は?

きめ細かく程よいもちもち感で着け心地◎すべりが良く均等に仕上げることはできましたが、薄塗りは実感できずちょっぴり残念。

 

ウェット×リキッドファンデの使い心地は?

ウェットにするともっちり感がアップし、より気持ちのいい触り心地に♡パウダーとは違い均等に薄く塗り上げることができました。ツヤっとした透明感のある肌に仕上がりになりますよ。

 

1度ハマったら抜けられない触り心地「ポンジュ」

ポンジュカラースポンジ レッド 518円(税込)

スーパーソフトな使い心地がクセになる「ポンジュ」。形は今回紹介する「アイスクリーム」の他に、小鼻や目元の凹凸も塗りやすい「オリジナル」、エッジ部分があるので口元も塗りやすい「スカルプター」、先端部分が2つあるのが特徴の「スペード」、先端部分が特に細いのが特徴の「オリーブ」、頬など広い面に使いやすい「フラットエッジ」があります。

 

「アイスクリーム」は、細部も全体もきれいに塗ることができます。

 

ドライ・ウェットどっちも使えて、ファンデの種類も問わない!

ポンジュもドライ・ウェットどちらも使用可能ですが、リキッドファンデの場合にはウェットで使用するのがおすすめみたい!水を含むことでしっとりふわふわになり、今回紹介する5ブランドの中では1番やわらかいです。

 

ドライ×パウダーファンデの使い心地は?

ドライでも十分ふわふわ!触り心地がよくずっとパッティングしていたくなります。他のブランドのものと違い、パウダーでも薄く均等にのばすことができました。

 

ウェット×リキッドファンデの使い心地は?

ウェットにすると触り心地がよりパワーアップ。ふわもちでこちらもずっとパッティングしていたくなります。リキッドもパウダー同様に薄塗り×均等に仕上げることができ、透明感のあるツヤっとした肌になりました。

 

コスパよしでこのスペック!「ダイソー」

ダイソー ホイップファンデーションパフ 216円(税込)

なんとあのダイソーからも3Dメイクスポンジは発売されているんです。ダイソーで購入できるのは、ひょうたん型のこの1種類のみ。発売直後から話題となり、売り切れのお店が続出するほどの人気商品です!

 

ひょうたん型なので、小鼻や顔のキワ・顔全体の使用におすすめ◎

 

ドライのまま使う!ファンデの種類は問わず

ダイソーの3Dメイクスポンジはドライのみで使用可能◎ですが、パウダー・リキッドどちらも使用することができ、ファンデの種類は問いません。

 

ドライ×パウダーファンデの使い心地は?

ドライでパウダーファンデを試してみましたが、よくある四角いスポンジを大きくしただけのような使い心地で満足な仕上がりにはならず。粉もスポンジ全面に均等という感じではなく、1部分にまとまってついてしまうので均等に仕上げることは難しいかも。

 

ドライ×リキッドファンデの使い心地は?

リキッドは均等と言うわけではありませんが、パウダーよりはきれいに仕上げることができました。なので、どちらかと言うとリキッド向きなのかな〜と私は思います!ただ、ドライで使用するため給水性が高く、顔全体に塗り上げるにはかなりの量のファンデが必要になるかなと思います。


大ヒットなのも納得♡好みのスポンジをお試しあれ

バラエティショップやドラッグストアで手軽に購入できる3Dスポンジをご紹介しました。形やブランドによってそれぞれ使い心地に違いはありますが、普段使用することの多い四角いスポンジよりもはるかに塗りやすくきれいに仕上げられるのは間違いなし。なので、あなたも使いたい場所や好みの使い心地に合わせて、気になるスポンジをぜひ試してみてくださいね♡