ここ数年、赤リップが女性達の間で流行っています。秋冬と、気分的にも赤リップを使いたいと思う方もいますよね。赤リップは、お顔をパッと明るく透明感のあるお肌に見せてくれます。赤リップは、使い方を間違えると垢抜けない印象になってしまう可能性が大きいのも事実です。きっと使うことを躊躇している方もいるのではないでしょうか?今回は、赤リップの上手な使い方をご紹介します。

赤といっても色々な赤がある。自分に合う赤を見つけよう!


Kanon @cosmeholic___

赤には様々な種類が存在していることをご存知でしょうか?色白に分類されるブルーベースの方と、日本人に多いイエローベースの方とでは似合う赤が異なります。ブルーベースの方がイエローベースの方向けの赤リップを塗ると垢抜けません。逆も同じです。似合う赤リップを塗ることでお顔もパッと華やかになりますよ♡


・ブルーベース向け赤リップの定義ブルーベースの方は色白の方、頬や唇の色が赤みのある方、手のひらがピンクの方などが当てはまります。このようなブルーベースの方は、ローズ系赤リップをチョイス。ブルーがかった色が良く似合います。逆に、黄色の混じった朱色寄りの赤リップを塗ると、お顔がぼやけ唇だけ悪目立ちする仕上がりに。


・イエローベース向け赤リップの定義手のひらがオレンジ系、血管が緑、ゴールドのアクセサリーが似合う方などがイエローベースです。日本人のほとんどがこのイエローベースだと言われています。イエローベースの方は、ブルーベースの方が苦手とする黄み寄りの赤リップをチョイスしましょう。お肌に馴染みよく似合いますよ♡


垢抜けする赤リップの塗り方


tyanfumi @tyanfumi

口紅の塗り方は様々です。直塗り、筆や指を使うなど塗り方1つで同じリップでも異なる表情が出ます。これからは赤リップを塗る際に少し工夫をして、今よりもグンと仕上がりが垢抜け間のあるメイクを目指しましょう。この機会に挑戦してみて下さいね。


・スタンプ塗り全体を直塗りすると少しキツイ印象になってしまいます。今はポテっとしたリップメイクがトレンド。やり方もとても簡単です。輪郭は取らずに、指にリップを少量取りスタンプを押す感覚でトントンと唇に乗せるだけ!最後にムラを整えるように馴染ませれば完成♡これで抜け感のあるトレンドの唇に仕上がりますよ。唇の本来持っている赤みが自然と演出できるのでおすすめ!


・グラデーション塗りオルチャンメイクでブームとなったグラデーションリップ。こちらもやり方は簡単です。名前の通りぼかしてグラデーションにしていくだけ!コンシーラーで唇の色をカバーします。指やパフで馴染ませていきましょう。グラデーションリップがより映えるのでこのひと手間は忘れずに。唇の内側の部分にリップを塗ります。大体唇の厚さ1/2が目安です。唇とリップの境目を指で馴染ませてぼかし、グロスを塗って完成♡


赤リップを直塗りすると、ひと昔前の印象が強いメイクになりがちです。今はきっちりメイクをするよりも、どこか抜け感のあるメイクが主流となりつつあります。赤リップの塗り方を少し見直すことで、抜け感のある今どきのメイクになりますよ♡


全体のバランスを考えてメイクしよう


mrind8 @mrind8

赤リップを主役にしたメイクはとても素敵です。他のポイントメイクを控えめにすることで、より印象的なお顔に。例えば、アイシャドー。控えめで肌馴染みの良いカラーを選ぶことで赤リップを引き立てます。ブラウンや薄いピンクを選びましょう。また、ヘアカラーも黒髪だと赤リップとのコントラストが美しく、セクシーな印象になりますよ♡主役をどこに持ってくるかを考えてメイクをすることにより、派手になりすぎない計算のされたメイクが完成します。この秋冬はぜひ赤リップを主役にしたメイクをしてみて下さいね。



いかがでしたか?赤リップは上手に使うことで一気に洗練された印象のお顔に仕上げてくれるアイテムです。派手になりそう、難しそう、似合わないかもと使わずにいるのはもったいない!上手に使えば一気に抜け感のあるトレンドのメイクが出来ます。これからは、上手に赤リップを使って垢抜け美人になりましょうね♡