ファンデーションはスポンジで塗るのが当たり前、という時代もありました。メイクアップアーティストたちがブラシを使い、今ではドラッグストアなどでもファンデ専用ブラシをたくさん見かけますよね。指が汚れず、肌をこすりにくいのがうれしいポイント。最近では柔らかな肌あたりのメイク用ブラシがたくさん出ています。いつものメイクに加えてみるだけで、新鮮かもしれませんよ。

洗顔ブラシ


ViChizh/Shutterstock.com

きれいにファンデを塗るためにも、毛穴に汚れが詰まっていたら台無しです。
柔らかな洗顔ブラシで、毛穴の中からきれいにしちゃいましょう♪
たっぷりの泡で、やさしくクルクルと汚れを落としましょう。

ファンデーション用ブラシ


1.リキッドファンデ


Baworn47/Shutterstock.com

リキッドファンデを塗るには、コシのある平筆タイプがおすすめ。筋になりにくく、縦にすれば小鼻の横なども塗りやすいです。
絵の具を塗るように往復させながら塗りましょう。
そのあとスポンジで叩き込んだりハンドプレスして密着させましょう。
 
2.パウダーファンデ


CGN089/Shutterstock.com

毛足の短いフラットなものがおすすめです。
リキッドと兼用できるものも◎。
ポンポンと叩くように毛穴を埋めていきましょう。
顔の中心に塗り、フェイスラインは残ったものを伸ばす事で立体感のある塗り方ができます。
仕上げにクルクル磨き上げる事でツヤのある仕上がりに。


ルースパウダー用ブラシ


suriya yapin/Shutterstock.com

なるべく大きめで柔らかいものを。
筆にたっぷりと含ませ、ふんわりベールをかけるように肌に乗せましょう。
最後にパウダーを払う用に2本あるとベストです。


チーク用ブラシ


AGfoto/Shutterstock.com

チークについてくる筆は小さいものが多いですね。
キノコ型のカブキブラシを使うとほんわりチークが簡単にできちゃいます♪
ポーチに入れて携帯できるものも多いのでメイク直しも簡単にできそうですね。


ブラシのお手入れ方法


beauty_mmr @beauty_mmr

雑菌のたまったブラシはお肌のトラブルの原因になってしまいます。
使ったら必ずティッシュなどで拭き取っておきましょう。
2週間〜1ヶ月でお手入れしましょう。
あまり洗いすぎると毛が痛んでしまいます。
中性洗剤やシャンプーで洗い、風通しの良い場所で陰干ししましょう。


100均にも、メイクブラシを洗う便利グッズがあるので、ぜひチェックしてみてください♪



ブラシを使うと、何だかプロっぽくてメイクが上手になるような気がしませんか?
お気に入りのブラシを見つけて、楽しくキレイにメイクしちゃいましょう!