定番のボブヘア“ボブ”。2018年は女性らしい“柔らかさ”と“大人感”を追求したスタイルが特に人気を集めそうです。でも、顔の表情を強調する髪型なので、どうしても輪郭が気になってトライできないでいる方も少なくない様子。そこで、今回は輪郭別のボブスタイルの“似合わせのポイント”を解説しつつ最旬の“大人ボブ”を一気に紹介します。

|卵型&丸顔さんにオススメの大人ボブ

ナチュラルに柔らかな表情が引き立つ卵型&丸顔さんの場合、ボブを似合わせるポイントは「長めの前髪」、「フェイスラインを直線的に見せる」「ひし形シルエットを意識する」の3つになります。

出典:@hair.cm/NAOMI

あえて丸くふんわりとした印象に仕上げることで、一層優しげで大人可愛い印象を手に入れることができます。

人気の「切りっぱなしボブ」なら、外ハネを作ることで顔の丸みをカバーしましょう。

出典:@hair.cm/柴田 夏実

シュッと引き締まった印象になれるので、輪郭も気にならなくなります。さらにヘアカラーで透明感をプラスして、トレンド感をグッと高めてください。

毛先がフェイスラインを隠してくれる「前下がりボブ」もオススメです。

出典:@hair.cm/東 純平

大人キレイな表情が引き立つので、幼げな印象からのイメチェンに最適ですよ。

|ベース顏&四角顏さんにオススメの大人ボブ

直線的なフェイスラインが特徴のベース顔&四角顏さんの場合、ボブを似合わせるポイントはズバリ「顔周りの髪のコントロール」。ちょうど輪郭の気になる部分に髪がかかるようなスタイルがオススメです。

出典:@hair.cm/木村 直継

ゆるっとウェーブのかかった「ゆるふわボブ」なら、ちょうど気になる部分に髪がかかりやすく、顔周りをナチュラルに隠せます。また、毛先が顔周りに来ることで小顔効果も期待できますよ。

また、あご周りに毛先を残した「ナチュラルボブ」もオススメです。

出典:@hair.cm/阿部展大/THEATER表参道

あごをスッキリ見せる効果で細面な印象を叶えてくれます。さらに前髪に適度なスキマを作れば、透けて見える額にも目線がいくので、よりほっそりとしたフェイスラインに見せてくれますよ。

|面長さんにオススメの大人ボブ

美人顏といわれる反面、平面的に見えやすい面長さんの場合、ボブを似合わせるポイントは「額を適度に隠して顔の縦の長さをコントロールする」ことになります。

出典:@hair.cm/東 純平

額を上手に隠しつつ、サイドにふんわり感をプラスして“Aライン”を演出することで、顔の横幅が狭い印象を上手に緩和した大人可愛いスタイルが愉しめますよ。

|逆三角顔さんにオススメの大人ボブ

あごの細さが気になる逆三角顔さんの場合、ボブを似合わせるポイントは「ウェイトのポイントを顔の上側に持ってくる」「あご周辺にボリューム感を持たせる」ことになります。

出典:@hair.cm/NAOMI

前髪を少し長く重ために幅広く設定することで、ほっそりとしたあごラインから自然と視線を逸らすことができ、理想的な“ひし形スタイル”に近づけます。また、あご位置にパーマでボリューム感をプラスすれば横幅が強調されてあごの細さも気にならなくなりますよ。

このようにボブは輪郭をカバーできる要素がたくさんあるので、似合わせポイントを抑えておくだけでどんな輪郭でも愉しめます。旬の“大人ボブ”で大胆イメチェンを叶えて周囲の視線を集めてくださいね。<top image出典:@hair.cm/石田 学史