ヘアアレンジ初心者の方にとって、最初の壁はヘアピンの使い方。しっかり留めたはずなのに外れてしまったり、なかなか髪が固定できずにいくつもピンを足してしまったり…ということもありますよね。不器用な方や初心者の方でも、ヘアピンの正しい使い方をきちんとおさらいすれば、思っているよりずっと簡単にヘアアレンジができちゃうんですよ♡意外と知らない正しいヘアピンの使い方、さっそくご紹介します♪

 ピンの種類と使い分け


triocean/adob.stock.com

一般的にセルフヘアアレンジ用として使われているのは、画像のような「アメピン(アメリカピン)」と、U字型の「Uピン」の2種類です。アメピンは髪をしっかり固定する時、Uピンはふんわり仕上げたお団子などのボリュームを調整したり、毛束感を作る時に使います。


アメピンには先端に玉が付いているタイプと玉がないタイプがあります。玉があるタイプの方が頭に刺さっても痛みがなく、しっかりと留まりやすいので初心者の方にはおすすめです!また、アメピンにはストレートタイプの他に、画像のように波打っているタイプのものがあります。波打っているタイプは滑り止めの役割を果たしているので、ストレートタイプよりも髪を留めやすく、取れにくいという特徴があります。初心者の方は、玉があって波打ったタイプのアメピンが使いやすいのではないでしょうか。


Uピンは成人式やパーティーヘアセットなどで表から見えないように使われることの多いアイテムですが、折り返し部分にパールなどの飾りが付いた見せるタイプのものもあります。お団子にいくつか刺すだけで、簡単にかわいく華やかに仕上がりますよ♡アメピン、Uピンともに100均などでも簡単に手に入るので、お好みで使い分けてみてくださいね!


 アメピン、逆に使ってませんか?


koosen/adobe.stock.com

波打ったタイプのアメピンを使う時、注意していただきたいのはピンを使う向き。人の心理としてついつい長さが短くて波打っている方を上にしたくなってしまいますが、実は「波打っている方が下」なんです!ピンに挟む髪の量は、少し余裕があるくらいが正解。毛束と土台の髪の毛の両方を少しずつ挟むイメージで使います。波を打っている方が頭に頭にあたるようにして挟む髪の量に余裕を持たせて刺せば、しっかり留まりますよ♪


 髪をしっかり固定するコツ♡


庄司将之 @shoji83

アメピンを使う時のコツは、頭皮に沿わせるように使うこと。頭皮から浮いてしまっていると何本使ってもしっかり固定できないので、頭皮に当てて留めるくらいのイメージで差し込みます。また、いきなり横向きに留めるのではなく、一度縦に差し込んでから返すようにして横に留めるとしっかり固定されますよ。ねじった髪の毛を留める時は、ねじった部分の下にピンが入り込むよう、髪の毛の流れに逆らってピンを差しこみましょう。ちょっとしたコツで固定する力が格段にアップするので、ぜひ試してみてくださいね♪


 かわいいヘアピンアレンジいろいろ


kazu @KAZU_STYLES

難しそうに見えるポニーテールのゴム隠しも、ピンを差しこむ方向に注意すればとっても簡単です!毛束を少し取ってゴムに巻き付け、頭皮に対して垂直にピンを入れる。
頭皮に当たったら、頭皮と平行になるよう倒す。
そのままピンを差しこみ、ゆっくり入れ込む。いきなり平行に留めず垂直に差し込んでから倒すので、ピンが外れにくくなりますよ♪


chiaki @hair...

ねじった部分の毛束と沿わせるようにしながら、毛流れとは逆方向にピンを差し込む法則を守れば、ねじりがいくつあってもへっちゃら♪髪をふんわりさせて毛束感を作りたいときは、さりげなくUピンを活用してみましょう。適度な抜け感が出て、とってもおしゃれに仕上がります♡


shozu @shozu

どうしてもピンが隠れないとお悩みの方は、あえてピンを見せるアレンジにトライしてみませんか?パール付きのUピンや金ピンを使えば、簡単なねじりアレンジもとっても華やかに仕上がりりますよ♡



いかがでしたか?ヘアピンを正しく使って、いろんなヘアアレンジにチャレンジしてみてくださいね♪