タレ目、つり目、寄り目など様々な目のタイプがありますよね。みなさん悩みもそれぞれあると思います。そんな悩みを抱えたままメイクを諦めてしまっていませんか? アイメイクで大事なポイントは「アイライン」です!アイラインの引き方で目の印象は全然違ってきます。アイラインを工夫すれば理想の目元に近づけるのです! 今回は、目のタイプ別にお悩みをカバーできるアイラインの引き方をご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

タレ目さん必見!アイラインですっきりな目元へ



タレ目さんは、可愛らしく女性らしい印象で魅力的ですが、腫れぼったく見えたり、眠そうに見えたり、年齢と共に目尻が垂れてくるなどのお悩みがあります。


タレ目さんの良さを生かしつつスッキリと涼しげな目元にアイラインの引き方でチェンジさせちゃいましょう♪


メイク法


ペンシルアイライナーで、目頭から描いていきます。目頭は細めに、黒目の上あたりから目尻にかけては少し太く描きましょう。黒目の上のラインを太くすることで、元々のタレ目のクリッとした可愛らしい印象を残すことができます。


目尻より少し手前で横に流します。目頭まで引いてからだと不自然な仕上がりになってしまうので注意です!もっとクールな印象にしたい場合は、横に流さず、斜め上に少し跳ね上げるように描いてもOKです。


つり目さん必見!ナチュラルタレ目メイク



つり目さんのお悩みといえば、目がつり上がっていて怖く見られたり、目つきが悪い印象になってしまうことなどですよね。メイク自体が似合わないと思ってしまっている人もいるようです。


気になるつり目を、ナチュラルなタレ目にすれば優しく可愛らしい印象にチェンジできます♪


メイク法


つり目さんがタレ目メイクをするには、とにかく目尻がポイントです!!目尻のアイラインをどう引くかで違ってきます。だからといって、やりすぎないように気をつけましょう。


最初にリキッドアイライナーを使用します。目頭からラインを引いていきますが、目頭側を少し太めに引きましょう。目尻は、少し下げぎみに引きます。


目を開いたら、目の幅の2~3ミリオーバーしたところまで下げて引きます。目尻は、細くラインを描いてもあまり強調されないので少し太目に描くとタレ目メイクになります!


下瞼の目尻側3分の1に、ペンシルアイライナーでラインを引くとタレ目効果アップです。アイシャドウなどでぼかすと自然な仕上がりになります。


寄り目さん必見!もう濃いなんて言わせない



寄り目さんのお悩みは、目と目が中心に近いことでどうしても濃い顔に見えてしまいがちなことです。ナチュラルメイクにしても、なんか普通の濃いメイクに見えちゃうのです。なのでメイクがしにくい!!と悩んでいる人が多いようです。


寄り目さんも、アイラインの引き方で印象は変わります!こちらもポイントは目尻です!


メイク法


まず目頭から目尻にかけては、なるべく細くアイラインを引いていきます。目のキワに引くのでリキッドアイライナーがおすすめです。


指で瞼を軽く持ち上げながら、できるだけキワに引いていきましょう。まつげの間を埋めるようにして描いていきます!


目尻にかけて下がりぎみに、少し長く描いていきます。下瞼の目尻側3分の1にはペンシルライナーで描いてぼかしましょう。目頭には、くの字にハイライトを軽く入れると明るくナチュラルな印象になりますよ♪



いかがでしたでしょうか?どのタイプの目にもアイラインの引き方がとっても重要なのです!アイラインの引き方をマスターしてメイクを楽しみましょう♪