暑い日の化粧崩れどうにかしたい!

汗をかくほどの暑い季節は、日々のメイクにも影響大!Tゾーンのテカリが気になったり、汗によって化粧が崩れたり…なかなか思うようにいきません。

テカリ&汗による皮脂崩れを防ぎたいなら、事前のスキンケアに”一手間”加えることが超重要!顔のベタつきを抑えて、夏に映える水々しい肌を手に入れましょう♡暑い日のメイク前にするべき4つのことをまとめてみました。

 

化粧崩れが軽減する!皮脂量を抑える4つのスキンケア

①化粧水は冷蔵庫で冷やしておく

洗顔後、1番に使うであろう化粧水。気温が上がる季節は冷蔵庫で冷やしておくのがおすすめです。冷たい化粧水を使うことで一時的に毛穴が引き締まり、メイクのノリがよくなるはず。

さらに、爽快感も抜群!暑さで火照った顔がクールダウンされすごく気持ちいいんです♡

 

②パッティングは手よりもコットンの方がベタつかない

化粧水をつける際、ハンド派?それともコットン派?「ベタつきを抑える」のが目的なら、コットンを使ってパッティングするのがベター。

乾燥しやすい秋〜冬は、手の熱を利用しながらハンドパッティングすることで保湿力を高めることができますが、気温が上がる春〜夏はコットンで程よく保湿するのがメイクをきれいに仕上げるポイント。顔がひや〜っと冷たくなるのを目安に、パッティングの時間を調整してみて!

 

③乳液&クリームは外側→内側に向かって塗る

ベタつきの元になりやすい乳液&クリームは、手の平に広げた後、顔の外側→内側に向かって塗るのがおすすめ。

そうすることで、乾燥しやすい頬やフェイスラインはしっとりと、ベタつきやすいTゾーンは薄づきに仕上げることができるんです!顔の中で1番乾きやすい目の下は、美容液やオイルで潤いをカバーして。

 

④メイク前にはTゾーンの油分をオフ

一通りのスキンケアが完了したら、メイク前にTゾーンの油分をオフ。スポンジやティッシュで軽く抑えて、テカリやヨレを予防します。

 

皮脂量が多い女性は、氷or冷タオルを顔にあて毛穴を引き締めるのもアリですね。冷やした化粧水同様、毛穴が締まることでメイクノリがぐんとアップ!肌表面が滑らかになることで、化粧がヨレにくくなるんです。

 

ベタつきを抑えて、みずみずしい肌を手に入れよう♡

出典: TSURUNO CHIEKO Avenz. foundation(表参道)

「暑いからしょうがない」と諦めていた人も、紹介した4つのことを実践すれば、ベタつきを最小限に抑えることができますよ。今のスキンケアに一手間加えるだけなので負担はほぼ0。気温に合わせたスキンケアで、太陽に映える水々しい肌を手に入れましょう。