オフィスではスーツやオフィスカジュアルに似合う“無難”とも言えるヘアスタイルが基本ですが、やはり好印象かつお洒落な雰囲気をしっかり纏っていきたいもの。それでは簡単にパパッと一工夫するだけでOKのオフィス映えするスタイリングのコツをレングス別にチェックしてみましょう。

|“できるオンナ”を演出するショートヘア向けスタイリングのコツ

爽やかで清涼感のあるショートヘアはこれからの季節にもピッタリ。スタイリング幅が少ないように感じる反面、男女ともにウケが良いのも魅力です。

出典:@hair.cm/松下哲史

そんなショートヘアは男性っぽく、幼い印象にならないようにすることが鉄則。“丸みを帯びたシルエット”づくりとともに、スタイリング時はトレンドの“束感”を意識してみてください。それだけでこなれた印象と落ち着いた雰囲気を演出できます。

また、「前髪が少し長めの方」は上記のポイントを踏まえつつ“前髪に透け感”を演出しましょう。

出典:@hair.cm/NAOMI

程良く透ける肌、髪の束の合間から見える目元がオンナらしい色っぽさをナチュラルに演出してくれます。

そしてきちんと感の代名詞「黒髪」の方であれば、髪に柔らかな動きを感じさせる“ゆるパーマ×おでこ見せ”で印象UPさせましょう。

出典:@hair.cm/タカハシ アヤミ

動きのある毛先と、少しかきあげたような前髪が一気にトレンド顔を演出してくれます。また、色味を抑えたナチュラルな雰囲気のメイクと合わせれば透明感がさらに増しますよ。

|仕事帰りもきちんとしたまま。大人のボブはシンプルさが鍵

仕事帰りのデートにも映える大人感たっぷりのボブはオフィスヘアの強い味方。ナチュラル感を意識した“シンプル”なスタイリングで余裕を演出するのがポイントです。

出典:@hair.cm/根岸 宏幸 / HOULe

特にオススメは、髪をかき上げる仕草が似合うシンプルなナチュラルボブ。毛先にワンカールパーマをかけておくとラフな雰囲気も生まれますし朝のスタイリングもとても楽チンになるはず。もしストレートの方はアイロンで毛先を軽く外ハネにしておくと近い雰囲気で愉しめます。

真面目な印象にも元気で明るい印象にもなれるのもボブの魅力。キーになるのは“毛先の遊ばせ方”です。

出典:@hair.cm/rina.

真面目な印象を強めたいときはストレートで、明るく親しみやすい雰囲気を演出するときは毛先をゆるく遊ばせてみてください。毛先はパーマをかけても、アイロンで巻いてもどちらでもOKですが、スタイリング剤を使用するときはしっかり揉み込んでダレないように注意を払いましょう。

大人っぽいお洒落感を重視する方が意識を向けるべきキーワードは“重軽ニュアンス”。この1点を抑えておくだけでこなれヘアに仕上がります。

出典:@hair.cm/日野 達也/BellaDolce

上写真はハーフアップにしてラフに結んだだけのスタイルですが、あくまでオフィス向きのスタイリングなので崩しすぎは厳禁。また、襟足を外ハネにスタイリングすれと今っぽい雰囲気がグッと増しますよ。

|ミディアム以上のスタイルはきちんと感×ラフ感の絶妙バランスを

ミディアム以上のレングスのスタイルであれば、それだけでオンナらしい印象を与えてくれますが、イマドキ感の演出も大切な要素。適度に“ラフ感”をプラスするのが正解です。

出典:@hair.cm/佐々木拓巳

顔周りの髪を残すことが多いお団子アレンジは、前髪短めの方であれば前髪を下ろしたまま、前髪長めの方であれば前髪も一緒にラフにまとめるだけでOKです。

無造作にゆるパーマをかけている方は“ウェット感”の演出がスタイリング時のキー。

出典:@hair.cm/joemi by unami 森千里

それだけでオンナらしい色気がグッと引き立つので、オフィスカジュアルはもちろん、少しフォーマルにキメたいときも相性抜群。またオイルワックスなどで簡単にスタイリングできるのも嬉しいポイントです。

仕事に集中しているときは髪を1つにまとめるという方は少なくないはず。そのときも“キッチリまとめない”が合言葉です。

出典:@hair.cm/三木康平

ゆるパーマをかけておいたり、アイロンなどで少し巻いてクセをつけておくことがポイントになります。それだけでパパッと束ねただけでシンプルなまとめ髪がグッとお洒落な雰囲気になりますよ。

今回紹介したスタイリングのコツはどれも簡単で、すぐできるものばかりですし、お洒落感も備わっているので仕事帰りのデートや女子会だってもちろん対応できます。ぜひ今夏のオフィスシーンで活用してみてくださいね。