乾かない!ジメッとする!梅雨の洗濯って面倒…。

乾きにくい梅雨シーズンのお洗濯って思っている以上に面倒!朝に干したものが夜まで乾かなかったりするし、そのせいかイヤ〜な部屋干し臭も発生。梅雨のお洗濯をストレスフリーにする方法ってあるの…?

降り続く雨と乾かない洗濯物にイライラしているあなたに向けて、部屋干し臭を残さない方法&早く乾かしたい時に実践して欲しいテクニックをご紹介。これから紹介する方法を上手に取り入れて、うっとうしい梅雨を乗り切りましょう!

 

 

 

洗濯物が乾きにくい梅雨。部屋干し臭を残さない方法は?

部屋干し臭が発生する原因は、衣服の残った雑菌が増殖するためと言われています。特に気温が上がるこれからの季節は汗をかきやすいので、脱いだ後に放っておくだけで菌が繁殖してしまうそう。これらをしっかりと除菌し、菌が繁殖しにくい環境を作ることで、部屋干し臭は大分軽減されるんです。では具体的にどんなことをすればいいのか…?1つずつ見ていきましょう。

 

 

洗濯槽をきれいにする

まずは洗濯槽をきれいにすること!一人暮らしの女性だと忙しくてそこまで気が回らないですが、洗濯槽も使えば使うほどカビや菌が繁殖します。そんな洗濯機で洗濯物を洗っても本当の意味できれいにすることはできません!むしろ菌が増殖し、部屋干し臭の原因に繋がるんです。

洗濯槽は専用のクリーナーを使って、1ヶ月に1回は除菌するようにしましょう。洗濯機を使用した後は、ふたを閉じないで乾燥させておくのが正解です。

 

 

漂白剤でつけおきしてから洗う

汗が染み込んだ衣類は、漂白剤でつけおきしてから洗うのがおすすめ。

除菌してから洗うことで、イヤな臭いの発生を防ぐことができるんです。家庭で使う場合には、扱いやすく失敗の少ない”酸素系漂白剤”が安心ですよ。

 

 

抗菌入りの洗剤・柔軟剤を使用する

また、漂白剤と合わせて抗菌入りの洗剤や柔軟剤を使用するのも効果的。

今は、消臭効果が高い洗剤や部屋干し専用のものも多く発売されているので、臭いが気になる人は購入時にぜひチェックしてみて。柔軟剤を選ぶ際は、香り以外のポイントにも注目すると◎

 

 

お風呂の残り湯は使用しない

お湯の残り湯には菌が多く含まれているので、極力使わないのがベター。

「洗い」の時は問題ないですが、「すすぎ」は必ず水道水を使用するようにしましょう。梅雨の間は雑菌が増殖しやすいので、特に注意してくださいね!

 

 

 

はやく乾かしたいならこんな方法がおすすめ

部屋干し臭を防ぐには、除菌することと”菌を増やさない環境”を作ることが大切!濡れている時間が長ければ長いほど菌は増殖しやすいので、早く乾かすことも実はとっても重要なんです。短時間で乾かす方法を5つご紹介。

 

 

それぞれ間隔を開けて干すようにする

洗濯が終わったら、時間をおかずに素早く干すようにしましょう。

みっちりと窮屈に干すのではなく、表面積が外気に当たるように間隔を開けるのがポイントです。太めのハンガーを使うことで、内側にも風が通りやすくなりますよ。

 

 

クーラーや扇風機の風が当たるところに干す

クーラーや扇風機の風が当たるところに干すのも効果的。

浴室の近くなど湿度が高い場所は乾きにくいので、風通しがいい日陰を選んで干すようにするのが正解です。

 

 

浴室内乾燥機を上手に活用する

また、浴室に乾燥機が設置されている人は、それも上手に活用するといいでしょう。

電気代が気になるという人は、1時間など時間を設定して使用するのがおすすめです。手早く乾かすことで、雑菌の増殖を防ぐことができますよ。

 

 

ある程度乾いたらアイロンをかけちゃう

ある程度乾いたら、アイロンをかけて熱で乾かすのもアリです!

ただし、濡れた状態でアイロンをかけると生地が痛む原因に繋がるので注意して。

 

 

何日分かまとめてコインランドリーで洗濯する

一人暮らしの女性なら、何日分かまとめてコインランドリーで洗濯する方が楽チンかも!

コインランドリーなら乾燥機もあるので、大量の洗濯物も短時間で乾かすことができますよ。梅雨の晴れ間を利用すれば、せっかく乾いた洗濯物が濡れる心配もありません。

 

 

 

部屋干し臭はこれで解決!梅雨シーズンを乗り切ろう

ほんの一工夫で部屋干し臭は防ぐことができるんです。ストレスなく梅雨を乗り切る為にも、今日から始められることをまず実践してみて!