夏はなんだか肌が湿気っていて保湿されたような気になりますが、肌の内部にきちんと水分が保たれているとは限りません。夏でも洗顔後、入浴後は化粧水やボディクリームでしっかり保湿しましょう。でも気になるのがボディクリームのべたつき感。暑くジメッとした時期だからこそ、サラサラでつけた後さっぱりするものを選びたいですね。夏にピッタリ、塗った後すぐ服も着られるサラッとボディークリームをご紹介します。

夏だって肌が乾燥しているって本当?



秋冬に比べ、乾燥対策の意識が低くなりがちな夏。汗ばんで肌がシケっとしているので、ボディクリームを塗らなくても大丈夫なのではと勘違いしそうになりますが、そこが要注意です。


夏も保湿は必須!なぜなら一年で一番体内の水分量が減る時期だからです。


●汗で水分不足に


運動をしていなくても、室内でじっとしているだけでも体からは水分が蒸発していきます。一日中汗をかくこの時期は体が水分不足になりやすく、それにともない肌内の水分量も減って乾燥しがちになります。


●クーラーは空気を乾燥させる


もう一つの乾燥の要因はエアコンです。熱中症になるのを防ぐためにどこもエアコンでキンキンに冷えていますね。エアコンの効いた職場に一日中いると肌がパリッとつっぱる感じがしたり、喉が痛くなったりしませんか?これは空気が乾燥している証拠。 夏は部屋が暑くて冷たくても肌を乾燥させる要因がいっぱいなのです。


夏の時期も入浴後の体の保湿は不可欠!ボディクリームはしっかり塗ってぷるぷるもっちり肌を作りましょう。


夏はサラサラが良い!夏向きさっぱりボディクリームと言えば?



入浴しても体を拭いている間に吹き出てくる汗…。日本の夏のあるあるですよね。


ボディクリームを塗って体をもっとぬるぬるにするのは抵抗がある、ボディクリームと汗が混ざる感じが気持ち悪い、という人も少なくないはずです。


そんな人におすすめなのが塗ってすぐ乾き、肌をサラサラにしてくれる夏向きのボディクリームです。


ニベアスキンミルクさっぱり



<商品>ニベア スキンミルクさっぱり /オープン価格


ボディクリームといえば「ニベア」ですよね。家族みんなで使える手軽さから多くの人に愛用されています。


いろんなシリーズがありますが、夏にピッタリなのが「さっぱり」タイプ。テクスチャーは柔らかいので伸びが良く、すぐにサラサラになります。


ドラッグストアにて400円ほどで買えるのでコスパが良く、満足度の高い商品です。


M-mark series シア脂の全身保湿クリーム


※写真は同メーカーの別商品です。


<商品>松山油脂 M-mark series シア脂の全身保湿クリーム /1,200円(税抜)


シアバターならこの松山油脂のクリームが好き、という方多くリピーターも多数。顔にも体にも使える、肌に優しい保湿クリームです。


シア脂独特の少し固いテクスチャーですが、肌の上で溶けだしスルスル塗れます。肌がべたつかないのにしっかり保湿されている感が気持ちいい商品です。


無香料なので家族で使え、香水などにも響きません。


ジョンソンボディケア ドリーミースキン



<商品>ジョンソン&ジョンソン ジョンソンズボディケア ドリーミースキン /オープン価格


ベビーオイルでもおなじみのジョンソン&ジョンソンのボディケアはなんといっても癒される香りが人気。アロマのような香りに包まれてお休みできるのでボディケアの時間が至福のリラックスタイムに♡


べたつかず伸びがいいので夏にも持ってこい!朝になっても水を肌が弾くほどしっかり潤っています。


シーブリーズ アンティセプティック全身薬用ローション


※写真はイメージです。


<商品>エフティ資生堂 シーブリーズ アンティセプティック全身薬用ローション /オープン価格


夏と言えばおなじみのシーブリーズ。このクールな爽快感は火照った体を引き締めてくれて気持ちいいですね。


塗った後もさらっとしており、あせもや肌荒れを防いでくれます。リフレッシュにもなり、この時期ピッタリです。


ロクシタン クールヴァーベナ ボディアイスジェル


※写真はイメージです 。


<商品>ロクシタン クールヴァーベナ ボディアイスジェル /3,800円(税抜)


レモンオイルとミントオイルが肌をひんやりさせつつ保湿してくれます。スーッとした柑橘系の香りも暑い時期とっても癒される♪


少量でもかなり伸び、使用後もサラサラ。気持ちをリフレッシュしてくれる爽やか保湿ジェルです。



気になる商品は見つかりましたか?多くの方も爽やかな香りのあるものやひやっと成分配合、また伸びが良くすぐにサラッとなるお気に入りボディクリームを見つけて、上手にリフレッシュしているようです。じめじめ汗ばむイライラしがちですが、だからこそ大好きなボディケア商品を見つけて、お風呂上りのケアタイムをリラックスできる贅沢タイムにしましょう。