崩れにくいアイシャドウの塗り方テクを教えます!

崩れにくいシャドウ導入

顔の中でも特に気合いを入れてメイクをする目は、時間が経って崩れているとショックが大きいですよね。しっかり塗ったはずのアイシャドウを崩れさせないためにも、ヨレを回避するテクを知って、朝から夜まできれいな目元をキープ♡

 

 

 

①目元の脂をティッシュオフ

まずはアイシャドウを塗る前に目元の油分をティッシュオフ。まぶたに油分なんて…と思っていても、目元にも毛穴があり皮脂は出ているのでオフが必要です!

 

ティッシュオフ

スキンケアの際につけた乳液などもアイシャドウが崩れやすくなる原因になるので要注意。オフすることでアイシャドウの密着度がグンと変わります。

 

 

 

②ベビーパウダーを軽く塗る

ベビーパウダー

ティッシュオフをするのと理由は同じですが、それでも脂っぽい人はベビーパウダーを薄く塗っておきましょう。ベビーパウダーは、皮脂を吸収してくれるのでサラサラまぶたに♪塗りすぎると白くなってしまったりヨレやすくなってしまったりと逆効果なので、指先に少し取って馴染ませるくらいがちょうどいいですよ。

 

 

 

③アイシャドウベース・アイトップコートを使う

アイシャドウを塗る前に使う「アイシャドウベース」、塗った後に使う「アイトップコート」を知っていますか?意外と知らない人も多いですが、そのひと手間がアイシャドウを崩れにくくしてくれます!

 

 

アイシャドウベース

アイカラーベース

アイシャドウベースは、ピンクやベージュのものがほとんどで、塗っているのが分からないくらいに馴染みます。実際にピンクのアイカラーベースを塗ってみましたがほぼ見えないですね。上から重ねるアイシャドウの色味には影響が出ず、でもしっかり吸着させられるようになりますよ。

 

 

アイトップコート

アイカラートップコート

アイカラートップコートは、マニキュアのトップコートと同じように、塗ったものをカバーする役割です。少し色が乗りますが、薄づきなのでアイメイクを崩さないためにも塗ってみて。

 

 

使い方

アイカラートップコート2枚

ブラシをボトルの縁でしごいて量を調節し、アイシャドウの上に塗り、指で馴染ませたら完成です。ビタッと吸着するので崩れ知らず♪今回使用したエテュセのアイカラートップコートは、ゴールドパールが入っているので目元がキラッとして透明感も出せますよ。

 

 

 

④パウダーよりもクリームシャドウを使う

パウダーシャドウよりもクリームシャドウの方が肌への吸着性が高いので、崩れにくいのは断然「クリームシャドウ」です。

 

クリームシャドウ

パウダーシャドウと使い方は変わらないので、いつも通りに使ってみてくださいね。ただ、パウダーよりも滑らかなので取りすぎには注意が必要です。

 

ジェルシャドウ

チューブに入っているタイプもあり、少量手にとって伸ばすだけ♪チューブタイプの方がテクスチャーは柔らか目になってます。パレットタイプもチューブタイプもお好みで使ってみては。

 

 

 

⑤指でトントン塗ってしっかり密着させる

指でトントン

チップやブラシを使ってアイシャドウを塗る人も多いですが、指先でトントン塗ったほうがしっかり吸着してヨレにくくなります。いつもチップやブラシ派の人は、せめて崩れやすい夏場だけでも指で塗ってみると違いが分かりますよ。

 

 

 

⑥アイメイク前や後に粉物をONしない

パウダー乗せる

アイメイクの前後に粉物をまぶたに乗せると、崩れやすくなってしまうんです。アイメイク前に使っていいのは、皮脂を吸収してくれるパウダーのみ!ベースメイクをする際にも注意が必要ですね。

 

 

 

もうアイシャドウ崩れさせません!

シャドウ締め

気がついたらアイシャドウがヨレて、メイクが台無しに…なんて悲しすぎ。せっかく気合いを入れたメイクもヨレてしまっては意味がないので、崩れさせないための土台作りから抜かりなく。崩れ知らずのアイシャドウテクを駆使して、メイク直しなしでもずっときれいな目元をキープ♡