簡単で可愛いヘアアレンジの代表格ともいえるポニーテール。今年は低めの位置で結ぶのがおしゃれです。ただし、一歩間違えるとただのひっつめ髪に見えてしまう危険も!実は、手抜きのひっつめ髪に見えないアレンジのコツがあるんです!永遠のモテスタイル、ポニーテールの今年らしいアレンジをご紹介します。

ゆるシルエットでも可愛いのはひと手間を忘れていないから



ただの手抜きひっつめヘアと、ゆるかわいいポニテの違いはズバリ、下準備です。4つのポイントをまとめたので参考にしてくださいね。基本を覚えたら、結び目に髪を巻いたり、編み込んだりと組み合わせるどんなアレンジも可愛くみえるのでおすすめです。


●4つのポイント


①巻く



髪全体をヘアアイロンで巻いて、動きを出します。時間がないときは髪の表面だけでもOK!髪の表面だけでも波ウェーブで巻いておくと、結んだ時にぬけかんが出しやすくなりますよ!


②遅れ毛を残す



ゆるふわ感を出すために、両耳のもみあげあたりにちょこっと後れ毛を残すのが旬アレンジのテク。あまり出しすぎるとだらしなく見えてしまうので、「ちょっと少ないかな?」と思うくらいでOK。もちろん、後れ毛もきちんと巻いてくださいね。


③トップに丸みを持たせる



巻くのが面倒だという人、もともとパーマがかかっているという人は、手ぐしでトップの毛束をつまみだしてふくらみを持たせる手間を忘れないで。ただし、むやみにふくらみを持たせてもだらしなくなってしまいます。動画を参考にして、程よい抜け感の髪の崩し方をマスターしてください。


④結び目は、毛束で隠すのが正解



結んだ毛束から細い毛束をすくい取り、髪の結び目に巻きつけます。見えないようにピンで留めたらできあがり。


流行のくるりんぱアレンジも低めで



結んだ髪の毛の中に毛束全体を入れて作る「くるりんぱ」は簡単アレンジの代表テク。ヘアケア剤を上手にもみこんでおけば、時間がたってもほどけてこない、簡単便利なアレンジ法です。こちらの動画は、くるりんぱの逆、「逆りんぱ」を使ったローポニーテールの作り方をご紹介しています。


サイドに流してまとめても可愛い♪



サイドテールもゆるっとラフな雰囲気でまとめると今年らしくなります。結んだ上の部分はふわりとつまんでふくらみを持たせて。基本の4つのコツを同じように応用してくださいね。



いかがでしたか?可愛くもセクシーにも見えるローポニーテールは、簡単にアレンジできるお得なヘアスタイルです。下準備をしっかりとこなせば、リラックスムードな中にも洗練された雰囲気もアピールできちゃいます。ぜひ、簡単アレンジの旬ヘアにチャレンジしてみてくださいね。