2020.01.26

すぐ泣く彼女の心理とは?優しく対応してくれる方法を紹介!

嬉しいことや悲しいことで、思わず彼氏の前で泣くことってありますよね。優しく慰めてくれる彼氏なら、思わずすがって泣いてしまいますよね。しかし彼氏の前で急に泣くと、ただ困らせるだけの彼女になってしまいます。今回は、彼女が泣く心理について触れつつ、彼氏に優しく対応してもらう方法について解説していきます!
最も、彼女の立場として泣く原因として考えられるのは、彼氏にかまってもらえなかったというものでしょう。普段かまってもらえるのに、急にかまってもらえなかったりすると異様な寂しさを感じてしまいますよね。しかし、それは彼女として当然のことであり、かまってくれなかった彼氏のせいでもあります。泣く原因が彼氏にあるのであれば、正直に伝えることが、優しい対応をしてくれるきっかけになります。うるうるとした目で「かまってくれなかったから」と泣きついてみると良いでしょう。そういう可愛さを演出しつつ、涙を武器にできる彼女こそ、彼氏から優しくしてもらえるのです。
彼女が泣くことを理解していない彼氏は、あなたのことを自然と傷つけていることに気づいていないのかもしれません。何か理由があって泣くのには変わりありませんが、泣くくらい彼女を追いこんでいることに気づいていないのは問題があります。付き合っている以上、お互い反発することはあります。仕事に理解をしてくれない時や、人間関係で何か一言物申された時にふと傷ついてしまうのです。時にはそれが喧嘩の原因になってしまうこともあるので、優しく慰めてもらうという意味も含め、傷ついたことをはっきり伝えることが重要です。何事も自分に正直になることで、彼も素直に慰めてくれるでしょう。
彼女が泣くシーンとして考えられるのは、悩みを抱え込んでいるというのが挙げられるでしょう。彼氏に言いたくても言えない状況で、悩みに追い込まれた状況だと、泣きたくなる気持ちもわからなくもありません。案外男性はそういう彼女の気持ちに鈍感なので、気づかない部分もあります。しかし、それを伝えられることで負担に思う男性はいません。むしろ「伝えてほしい」と思ってる人が多いのです。彼女が泣くくらい追い込まれている状況下で、何もしない彼氏は居ないと思います。しっかり悩みを打ち明けることで、より彼との愛が深まります。
何事も感情移入をしてしまうと、思わず泣くという彼女もいるでしょう。すぐ泣く人は、情緒が落ち着いていないときに泣き出しがちなので、彼氏を困らせてしまうという人も多いでしょう。しかし、そういう彼女こそ「守ってあげたい。」という心理が働くので、優しく慰めてくれるのです。
彼女自身に理由がある場合、軽くあしらってくれるかもしれません。泣いた理由を聞かれたときは、正直にその理由を彼氏に伝えられるように準備しておきましょう。
何事も抱え込んでしまうと自分自身を追い込んでしまうことになります。それがストレスに変わることもあり、泣く原因となるでしょう。彼女がストレスを抱え込んでいるということに気づかないのが彼氏です。イライラしているとわかっていても、それに口出しをすることで彼女にストレスを感じさせてしまうと彼氏は分かっているのです。しかし、行き場のないストレスを感じてしまうと泣いてしまう事に、男性は気づいていません。
なので、「どうして泣いてるのかわからない」と、彼氏に思われてしまうのです。そう思われないためにも、何かしらのストレス発散方法を見つけると良いでしょう。たまには彼氏にぶつけてみてもいいです。ケンカに発展しなければ優しく包み込んでくれるでしょう。
理由は様々ですが、彼氏は彼女が泣く時にかわいいと思う瞬間があります。相手がイライラして泣き出した時でも、不謹慎にもかわいいと感じてしまうのです。必死に我慢して泣き出したときに、子供らしさを感じるという男性も多く、かわいいと感じてしまうようです。女性が泣くときに、やさしく包み込んでくれるのは、女性のことを理解しようとしているからです。泣くまで我慢して、感情が溢れだしたとしても、それを受け入れてくれる彼氏も多いのではないでしょうか?あなたが急に泣くタイプの彼女なら、彼氏はそっと優しく包み込んくれることでしょう。
彼女が泣く理由は様々ですが、何事も理解してくれている彼氏なら優しく包み込んでくれます。どんな女性であれ、追い込まれた時やストレスを感じた時は泣いてしまいます。彼氏も、すぐに泣いてしまう彼女を受け入れる努力はしてくれます。すぐに泣きだす彼女を優しく受け入れてくれる彼こそ、あなたの一番の理解者であり、最も優しくしてくれる存在なのです。(大西薫/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事