2020.01.06

1ヶ月記念日は感謝の気持ちを手紙で伝えよう

ほとんどのカップルに「記念日」が存在すると思います。一番メジャーなのは、付き合った日をお祝いする記念日でしょうか。付き合って1週間記念日とか、2週間記念日とか、中には細かく記念日をお祝いするカップルもいますが、オーソドックスなのは付き合って1ヶ月記念日でしょう。付き合って1ヶ月記念日に手紙を送るというカップルもいますが、意外と何を書いたらいいか悩むこともありますよね。今回は、日ごろの感謝と、これからもよろしくねという思いを伝える上手な手紙の書き方をご紹介していきます。
1ヶ月記念日にもらう手紙は、女性からしても男性からしてもポイントが高いです。普段だとちょっと重く感じてしまうことのある手紙も、記念日だったらむしろ嬉しいと思う人が多いようです。普段書けないような恋人への思いを、この機会に手紙にしてみましょう。
あまり手紙を書き慣れていない人は、何を書いたらいいか分からないという人もいますよね。そこで今回は、付き合って1ヶ月記念日に送る手紙に書くべき内容を、男女別にご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

男性のみなさんは、普段から彼女に対して愛情表現をすることができているでしょうか。「好き」と伝えたり、「大事に思っているよ」ということを伝えたりするのが上手にできる人は問題ありません。逆にあまりそのようなことを伝えるのが得意ではないという男性も多いでしょう。そんな人こそ、1ヶ月記念日で送る手紙でたっぷりと大切に思っていることを伝えてください。面と向かって「好き」となかなか言えない男性でも、手紙ではストレートに「好き」と伝えましょう。1ヶ月記念日はこれからの2人の関係を左右しかねない大事な記念日ですので、しっかりと自分の思いを伝えましょう。

男性はプライドが高い生き物であるとよく言われていますが、プライドが高いと何が問題かというと、自分が悪くても彼女に謝れないということです。対して女性は男性にされたことをしっかりと覚えているため、普段は口に出さなくても、「そういえばあの時の事、まだ謝ってもらってないな・・・」なんて心の中で思っているということはよくあります。いつまでもそれを引きずらないためにも、1ヶ月記念日という早い段階で、手紙で謝ってしまいましょう。1ヶ月記念日なら謝るのが遅すぎるとはなりませんし、手紙で謝るのは面と向かって謝るよりハードルが低いでしょう。

続いては、男性が喜ぶ手紙の内容についてご紹介していきます。
女性のみなさんは、普段男性のがんばりをちゃんと褒めてあげているでしょうか。男性は女性に比べて承認欲求が強いため、褒められると自分が認められたように感じて喜びます。
普段から褒めている人も、普段はあまり褒めていないという人も、1ヶ月記念日で送る手紙には男性を労う内容を盛り込みましょう。「いつも仕事がんばっているね」や、「素敵な彼氏でいてくれてありがとう」など1ヶ月記念日を機に、男性の努力を褒めるようなメッセージの手紙を書くとよいでしょう。

男性は承認欲求が強いと前述しましたが、それに伴って、自分のしたことは果たして良かったのか悪かったのかという相手からの評価も気にしています。付き合って1ヶ月記念日では、この1ヶ月間で男性からされて嬉しかったことを手紙に書くと男性は自分のしてきたことに自信をもてます。してもらって嬉しかったことを1ヶ月記念日の手紙に綴るときには、できるだけ具体的に書いてあげるようにしましょう。その方がよりあなたの喜びを伝えることができますよ。素敵な手紙を書いて彼を感動させちゃいましょう。

付き合って1ヶ月記念日に手紙を送ろうと思い立つ人は多いでしょうが、実際書くとなると何を書いていいか迷う人もいると思います。どうせ書くなら相手を喜ばせるような、感動させるような手紙を書きたいですよね。
また、付き合って1ヶ月記念日というのは、今後の二人の関係を占う大切な記念日でもあります。いつも以上に気合いを入れてデートに臨むのはもちろん、手紙以外でも感謝の気持ちを伝えられると好印象でしょう。1ヶ月記念日は付き合ってから初めての記念日となる場合が多いですから、思いを込めた手紙を送りあって、お互いの想いを確かめ合う素敵な一日にしましょう。

関連記事