2011.05.16

ハンドルさばきは「8時4時」!モテちゃうかも?みんなに「快適!」と言われるドライブの仕方


      
タクシー運転手などのおかかえ運転者の方であろうと、
ただ家族や友達、ドライビング仲間に「快適!」と思ってもらいたい方でも
簡単な数ステップで、同乗者の方に快適に安心して乗ってもらうことができます。

レンタカーなど、運転する車を選べる時は、快適志向の車を選びましょう。
たとえば、車高の高すぎる車はあまり好ましくありません。

車を選ぶ基準は主に、以下の5つ

■性能
車好きの人は、どうしてもパフォーマンスの良い車を選びがちです。
馬力が高かったり、カッコいい車だったり・・・
しかしそのような車は、必ずしも乗り心地がいい車ではありません。
人によっては、車酔いしやすいです。

■車高
もしSUVのような車高の高い車を選んでしまうと、
ミニバンなどに比べると、足をゆったりと伸ばすスペースがないことが多いです。

■タイヤ
太くがっしりしたタイヤは、カッコよく、スタイリッシュかもしれません。
しかし、音がうるさかったりして、あまりよくありません。

■マニュアルorオートマ
絶対的に、オートマです。
ギアチェンジがスムーズにできるので、初心者から玄人まで、オートマが無難です。

■振動吸収
中古車の場合は特に要注意です。

最低でも、2・3時間で1回は休憩を入れるようにしましょう。

運転手自体にとっても、同乗している人にとっても、
リフレッシュのため、トイレ休憩のために休憩をとるようにしましょう。

ずっと同じ姿勢で乗っていると、エコノミークラス症候群になってしまう可能性があります。
適宜、体を伸ばすことで、気分的にも身体的にもリフレッシュしましょう!
基本的に、同乗者の方はあまり運転に気を使っていません。
そのため、急な動きに対して対応できずに、車酔いの原因となります。

急な動きとは、具体的に
・急な発進
・急ブレーキ
・速いスピードのままの右左折
などです。

これらは、燃費にも悪いし、事故の原因となるので
ゆっくりスタート、ゆっくりブレーキを心がけましょう。
スムーズに運転を続けることは重要です。
ブレーキ・スタートが多いとストレスの原因となります。

高速道路などがベストです。
真っすぐな道ですし、止まることはほとんどありません。

山道など、くねくねしている道も要注意です。
ハンドルを握るときには、肩の力を抜いて8時と4時の位置で持つとよいでしょう。
この持ち方は、無駄な動きを少なくすることができます。

そのため、長いドライブほどリラックスして、運転することができます。

右左折のときも、スムーズに曲がることができます。
いかがでしたか?かっこよくスムーズな運転ができると素敵ですよね。皆さんもぜひ意識してみてください。

関連記事