2019.12.24

後悔しか生まない!好きだけど避ける要因は?

恋愛してしまうと、どうしても空回りしてしまう人も多いと思います。その空回りから「好きだけど避けてしまう」という感情が生まれてしまい、相手に気持ちを伝えることなく終わってしまうという女性もいます。しかし、好きだけど避けてしまうのは、女性だけに要因があるわけではなく、男性にも要因があると考えられています。
今回は、好きだけど避けてしまう方々のお悩みを解決していきます。
若い年齢層の人ほど、好きだけど避けてしまうという人が多いと思います。好きなのに、冷たくしてしまうとか、好きな男子に中々近づけないけど相手のことはちゃんと見ているとか。正直、されている男子からすると、何をされているんだろうという疑問しか浮かびません。
好きだけど避けてしまうと、自分の気持ちに素直になることができないので、時間が経つにつれて自分が何をしているのかわからなくなってきます。好きだけど避けてしまうのは、ある種、アマノジャクな性格がそうしているのですが、彼に告白しておけばよかったという後悔にも繋がる可能性があります。
好きだから避けてしまうのは、自分の気持ちに素直になれないことが要因です。これは、恋愛以外でも通用すすることであり、友人関係や仕事などでも自分に素直になれないと、結局は後悔が残ってしまうのです。素直になれないというのは、思春期特有の性格といっても良いでしょうが、20代後半に差しかかってまで好きだから避けている、というのであればそれは問題です。もっと自分に正直になって、相手に気持ちを伝えなければなりません。
いろいろな恋愛経験の中に、好きだけど避けてしまうという経験があるのであれば、当時した後悔を軸に恋愛でうまく立ち回ってみると良いでしょう。

男性にもある要因
好きだけど避けてしまうのは、女性に要因があると思っている人もいますが、男性にも要因があります。その性格の一つとして、嫉妬心が強いというものが挙げられます。その嫉妬心というのは、表面上に出しませんが態度に思いっきり出すので非常にわかりやすいのです。
嫉妬心が強いのは、恋愛に対して冷めているわけではなくあくまでも「あなたが好き」だということには変わりありません。しかし、他の男性と仲良くしていたりすると、その姿を見て嫉妬してしまったりすることもあるのです。時にはあなたに当たってしまうこともあるでしょう。気分屋の男性だからこそ、そういう行動を思わず女性にしてしまうのです。

男性に気持ちを悟られたくないから
好きだけど避けてしまう感情が生まれてしまうのは、自分が男性に思っている気持ちがバレてしまうから、というのも要因として挙げられます。例えば、その男性があなたにとって大切な存在であり、かけがえのない存在なら尚更です。好きだという気持ちを伝えることによって、相手との関係が一気に崩れてしまう可能性も大いに考えられます。
そういうことを恐れつつ、好きだという感情を表せずに好きだけど避けてしまうのです。感情を悟られてしまったときには、恥ずかしさや嫌われてしまう恐怖心から、距離を置こうとします。女性によって変わってくると思いますが、若い女性によくありがちといえるでしょう。

好き避けが相手に分かった場合は?
会話がまだできる分には、好きだけど避けてしまうということが悟られることはありません。しかし、露骨に相手に態度に出しているようであれば「この人はなんで俺を避けてるんだろう。」と思わせてしまうことになります。普通に話していたのに「急に話さなくなった」「必要なこと以外話さなくなった」など様々です。
嫌われたくないがために、相手を避けがちになってしまうのであれば、その時点で気持ちを伝えるべきでしょう。好きだけど避けてしまうのは、自分の気持ちに正直になれていないから。避けられていると男性が勘違いし始めたら、成就しそうな恋ももろく散ってしまいますよ。

まとめ
好きだけど避けてしまうのは、男女ともに理由があることがわかりました。しかし、大半の理由は女性にあります。もっともな理由として、自分に素直になれないということです。相手に気持ちを伝えることが怖いからこそ、好きだから避けてしまう要因を生んでしまうのです。
仮に、相手にその気持ちを伝えてみたとしてということを考えると、病んでしまう人も案外多いのです。しかし、敏感な男性ほど避けられていることに気付いているので、露骨に態度に出しているのであれば相手から避けられ始めるでしょう。そう後悔しないためにも、まずは相手に近づく努力をすることから始めると良いでしょう。

関連記事