2016.11.12

【去年モノ最旬アップデート】「ダッフル」で紅葉デート♪防寒コーデもガウチョの「抜け感」で、脱・着ぶくれ


去年買ったトレンドアイテムに、去年流行ったコーデ。なんとな~く、今年もそのまま着ちゃってませんか?「おしゃれ」は日々変わるもの。そのままでは、いつの間にか流行から取り残されちゃうかも…!?


去年のトレンドアイテムも、ポイントをおさえれば今年っぽいスタイルに!
人気イラストレーターのmoeoohachiさんが、キュートなイラストでコツを伝授してくれます!

ダッフルコート」。


急に気温も下がり、紅葉も一気に色づいてきたこの時期。そろそろ本格的にコートの出番ですね。
もとは、寒さの厳しい北欧や海の上で仕事着として使われていたダッフルコート。防寒性もばっちり期待できます。

特徴的な前身頃の留め具ですが、これは「トルグ」と呼ばれるもの。木でできていたり、角みたいだったり、いろいろな種類がありますよね。
このデザインがなんともキュートで、暗くなりがちな冬コーデにも、甘さをプラスしてくれる優秀アウターなんです!

今週は赤く色づいた紅葉を見に、公園まで彼とお散歩♪都内では井の頭公園の紅葉が見頃を迎えています。
キレイな紅葉に目を奪われていると、あたりはすっかり日が落ちてきて…。
この季節、夕方でも気温は10度を下回ることも。ずっと外にいるわけだから、デートには「かわいい」だけじゃなく、防寒も必要不可欠です…。

ダッフルコートでの防寒スタイルを、フィット&フレアのシルエットでスタイリッシュに♪
黒を中心にシックな色合いでまとめたことで、甘さだけではなく、オトナっぽさもほどよくMIXされています。
また、ボディラインにフィットした黒のタートルは、暖かさとセクシーさのいいとこ取り!

でも…着ぶくれ防止を意識したフィット&フレアのシルエットではちょっと定番すぎますよね。
そのうえ、ヒールで歩きづらい…なんて愚痴をこぼしていては、
「紅葉楽しむ気、ある?」なんて幻滅されちゃうかも…


「抜け感」のあるアイテムを投入すれば、あったかダッフルスタイルも、着ぶくれ知らずの今っぽコーデに♪
「寒いね」なんてさりげなく近寄って、彼との距離を縮められるかも…?!




「抜け感」アイテムの代表格といえば、やっぱりガウチョパンツ。適度な厚みのある、秋冬っぽいハリのある素材のものが今年っぽい♪
足首みせはコーデに抜け感が加わり着ぶくれ防止にピッタリ。大胆な生足アピールよりも女の色気を表現できる、秘密のモテテクです。

ダッフルコートの裾よりも高い位置にウエストがくるような、ハイウエストのガウチョパンツを選べば、スタイルアップだってバッチリです。


インナーは、体にフィットしたタートルから、「抜け感」のあるざっくりタートルにアップデート!顔周りにボリュームのあるデザインを持ってくることで、より暖かさを感じるうえ、小顔見えも手に入りますよ♪

カラーも、アウターのキャメルやボトムスの淡いグレーといったペールトーンを邪魔しないよう、黒から白にチェンジ。統一感のある全身コーデが、モテコーデの秘訣です。


お散歩デートにローヒールは、もはやマストなチョイスです。そこに「ファー」でトレンドを詰め込んで!
ちょっぴり辛口のフォルムにファーが加わることで、ボリュームが出がちなダッフルコーデを適度に引き締めるスパイスに大変身してくれますよ。


ダッフルコートを今年っぽく着こなすポイントはこの3つ!

ガウチョの適度な露出で抜け感
ざっくりタートルでフィットよりもすっきり
トレンド辛口シューズでバランスを取って

去年のアイテムも今年っぽく着こなすことが「トレンドガール」への第一歩。

次回、11月26日に今年っぽく着こなすアイテムは「ムートンブーツ」。
(11月19日はおやすみです。ごめんなさい…!)
お楽しみに!(去年モノ最旬アップデート♪/ライター)(moeoohachi/イラスト)

(ハウコレ編集部)

関連記事