2016.12.07

月の満ち欠けで願いを叶える 12月7日のムーン・メッセージ

天体の引力や海の満ち欠けのサイクルの中で人は生きています。その中でも、月のパワーは大きく、私たちにエネルギーを与えてくれる存在。月には願いを叶える力が宿っているのです。約28日周期で繰り返していく月齢は、お肌の生まれ変わる日数や生理・出産などと同じサイクルと言われていて、女性に関わる影響は様々あります。月の満ち欠けを使って願いを叶えるのが、このムーン・メッセージなのです。
上弦の月には、壊れかけている恋を修復させるパワーがあります。ちょっとしたすれ違いやケンカ別れ、そして冷めきってしまった二人の関係を、円満で完成されていた頃の恋へと再燃させてくれるのです。相手の非を責めるのではなく、願いを込めて自分自身を内省してみましょう。上弦の月が二人の関係を紡いでくれるはず。

あなたの願いが上弦の月に伝わるようにするには、卵を使ったおなじないが効果的。卵料理を食べるというシンプルな方法ですが、その前日に赤いペンで卵の表面にハートマークを描いておくのです。ハートマークを描くときは、夜誰もいない部屋で、静かな気持ちで行います。そして、彼の名前をフルネームで三度唱えた後、「ハンプティ・ダンプティ、仲直りできますように」とこれも三度唱えます。次の日にその卵を使った卵料理を食べてみて下さい。その後、彼と連絡をとると仲直りできるでしょう。
素敵な恋を願うあなたの祈りが聞き届けられるタイミングがやってきました。全てはあなたから始まりそうな予感の今日です。あなたには、人生に情熱を蘇らせるパワーがあります。素晴らしい恋をもたらすのは、あなた以外の誰でもありません。あなたが楽しいと感じることは何でも、恋に積極的に情熱を注ぎ込む手助けになるでしょう。趣味や活動に情熱を注ぐ中で、同じ熱意を分かち合えるパートナーと出会う機会もあるはずです。
精神性があなたの恋において重要な要因になっている、というメッセージが与えられています。もしかすると、それはスピリチュアル的な天啓のように訪れるものかもしれません。神社やお寺といったスポットで、自分の心の中を今一度洗い出してみましょう。もしもそこにしこりがあるとしたら、自分に正直になって下さい。実際は、誰もが霊性を備えています。引き寄せの魔法をかけるには、メンタルの器を美しく磨いておくことが大切なのです。
あなたが素敵な恋を求めていることを、月が聞き入れてくれました。ガイダンスとして、過去のしがらみをきれいに取り除くことによって、この上ない愛の喜びを受け取ることができるというメッセージが与えられています。あなたが過去に傷ついたことを意識しすぎて、再び傷つかないように警戒しているとしたら、マイナスな記憶を手放しましょう。気持ちのけじめがつけられるようになれば、あなたの心は恋の幸福で舞い上がれるようになります。
今日の月は、あなたの恋におそらく予期しない形で答えをくれるでしょう。あなたが解決させようとしている問題の背後にある原因は、恋への依存なのかもしれません。恋愛依存は、痛みに対して心をマヒさせるばかりか、愛するパワーを減衰させてしまいます。そのため、心から打ち解けた愛情のアクションを起こす上で、依存心は障害になります。自尊心をあなたの心の基盤に据えましょう。そこから恋の未来は拓けてくるはず。(脇田尚揮/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事