2016.12.11

勘違いしていると損!可愛い甘え方とウザい甘え方の違いって?

こんにちは、コラムニストの愛子です!

男性は甘え上手な女性が好きとよく言いますが、それって本当なのでしょうか? たしかに可愛いと思われる甘え方もあるようですが、ただベタベタしてしまうとウザがられてしまうこともあるみたい……。勘違いしていると知らない間に男性から嫌われてしまっているかもしれません。

そこで今回は、20代男性にどんな甘え方はOKでどんな甘え方はNGなのかを聞いてきました!

1.だれかれかまわず甘えるのはNG

「甘え方の問題じゃなくて、誰に甘えられるかでどう思うかが変わるかな。カノジョや好きな女の子から甘えられると可愛いなって思う。でも何とも思っていない女の子から甘えられると、厚かましいなって思うこともある」(25歳/飲食関係)

「相手による」って女の子もよく言いますよね。甘え方を考えるよりも前に、まず甘える相手をちゃんと選ぶことが大切なのかも! 出会ったばかりの男性でも、あなたに好意を持ってくれているようなら甘えてOKのようです。甘えられたり頼られたりすることで、より好きになるという男性も多いそう。ただし、自分に興味を示さない男性と接するときは「男性は甘え上手な女の子が好き」というセオリーは忘れたほうがいいでしょう。厚かましいと思われしまう危険性があります。

2.自分でもできることをお願いするのはNG

「ニガテなことをやってほしいって甘えてくるカノジョは可愛いなと思う。例えば、テレビの配線つなげてとか、重い荷物を持ってほしいとかね。でもアイス買ってきてとか、ゴミを捨てておいてとか、自分でも普通にできることを甘えた言い方で言われるとイラっとする。ただのパシリじゃん。たまにならいいけど、いつもだとイヤだね」(22歳/大学生)

たしかに、女の子がニガテなことならやってあげたいと思うのが男ゴコロ。しかし「何でもかんでも甘えればやってもらえると思っているような態度は、なめられている気がして腹が立つ」という男性がほとんどです。Mっ気のある男性ならそういうのもアリなのかもしれませんが……。

3.スキンシップして素直に甘えるのは可愛い

「人混みがキライでなかなかテーマパークに連れて行かないオレに、ギュッと抱きついてお願いって言ってきたカノジョは最高に可愛かった」(26歳/製造)

ギュッと抱きついたり、腕をくんだりして「お願い」と言われるのに弱いという男性は多いようです。〇〇くんと一緒にここへ行きたい、もっと一緒にいたいなどと素直に甘えられれば可愛いなあと思うそう。もちろんカレシにもアリですが、もう少しで付き合えそうとういう男性にしても喜ばれるでしょう。可愛く甘えて一気にふたりの距離を縮めてみては?

4.ダメかなあ?ムリだよね?と自信なさげに甘えるのは可愛い

「OKもらえる前提じゃなくて、『ダメかなあ?』『ムリだよね?』ってダメ元でお願いされたり甘えられたりするのが好きかな。しょうがないな~いいよって言ってあげたくなる」(27歳/広告)

素直に甘えるのも好印象のようですが、ちょっと控えめに言われるとグッとくる男性も多いようです。「もっと一緒にいたいけど、明日も仕事だしダメだよね?」と聞かれるとたまらないのだとか。ストレートに甘えるのがニガテな女の子には、こちらがおすすめ。これなら気軽に試せるのではないでしょうか。そして、まだお付き合いをしていない場合もこういう言い方なら厚かましさがないのでいいかもしれません。

おわりに

甘えるときのポイントは、相手を見極めること、そして相手をちゃんと尊敬している気持ちを表すことなのではないでしょうか。可愛く甘えれば何でも許されるなんて思っていたら、ウザがられてしまうかもしれませんので、注意しましょう。(愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事