2019.12.14

「また会えるじゃないですか♪」お客様にナンパされたときの対処法

仕事中にお客さんからナンパされたとき、どう対応していますか?こんにちは、ライターのともしどです。

お客さんだから無下にはできないけど、うっとうしいから無視したい…。そんなときには、会社に迷惑をかけずにさらっと切り抜けたいと思いますよね。

そこで今回は、カップル以外で来店した10代後半~20代男性のお客さんがかなりの高確率で連絡先を聞く美人お姉さんのKさん(サービス業/29歳/女性)に、ナンパを上手に受け流す方法について取材させていただきました!
「男の人がナンパしてくるときには、だいたい『モテるでしょ?』って聞いてくるの。そこで、ほとんどの女子が『そんなことないですよ~!』って言っちゃうと思うんだけど、それはやめたほうがいいよ。つけ入る隙を与えちゃうから。『オレから見たら美人だよ!』って押されたら、もう逃げられないよ?」

モテるかどうかを聞かれたら、「どうなんですかね~?」とはぐらかすのが正解のようです。隙をつくらないために。
「困った顔をするのもやめたほうがいいよね。男の人って、気の弱そうな女子にはグイグイいけちゃうからさ。『えっと…』ってドギマギしないで、毅然とした態度でニコニコするのが大事。そうすれば、男の人が優勢にはならないよ♪」

女性の気が弱そうだと、男性は「押せばイケる!」と思ってしまうのだとか。女性のほうが「うわて」に見えるように、平静を保ちましょう!
「お酒を飲んでるお客さんは、軽くスルーしちゃっていいと思うよ。次の日には、ほとんど覚えてないから。それに、ナンパしてくる人は『失敗してもいい』と思ってるから、もともとリピーターになってくれるタイプのお客さんじゃないんだよね。まじめに考えなくていいと思うよ。」

酔った勢いでナンパしてるだけなら、「ただのノリなので大丈夫」とのこと。コンビニでたまたま見つけた商品が「美味しそう」だったようなものなんですね。
「LINEとか電話番号を聞かれても、断っちゃダメ。一応、お客さんだからね。無下にはできないじゃない。そんなときは、ニコニコしながら『お店で会えますよ♪』って言うのが正解だと思うよ。ホントは、断ってるようなものなんだけどね(笑)。だいたいの人が自分で察してくれるからさ。」

とくにサービス業では、「そういうのはちょっと…」などと断ると角が立ちますよね。それなので、断らずに相手に察してもらうように仕向けることが大事になるようです。
「たまに、しつこく何回も聞いてくる人がいるじゃない?お店に通ってくる人もいるしさ。そういうタイプの人にも、『お店で会いましょ♪』でOK。結果的に売り上げになるわけだから。ただね、度が過ぎるときには、責任者にしっかり相談して、助けてもらわなきゃダメだよ。ひとりで抱え込んじゃ、絶対にダメ。心を病む可能性だってあるんだからね。」

相手が折れてくれないときにも、ブレないことが大切。「相手に可能性を感じさせちゃいけないから」とのことです。また、自分で抱えすぎると心に支障をきたしてしまいますから、くれぐれもひとりで悩まないようにしましょう。
「仕事中にナンパされて困った」ことのある女性は多いようです。中には、それがきっかけで心を病んでしまったり、イヤな思いをした人もいらっしゃるようで…。ぜひ、ナンパの応対をするときには参考にしていただけたらと思います。

女性は、男性の目にさらされているもの。そのため、望まないナンパは上手に受け流す術を身に着けることが大事になります。カンペキにやり過ごして、ストレスゼロを目指しましょ~!(ともしど/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事