2019.12.14

何が悪かったの!?2回目のデートの誘いがないときの挽回方法

こんにちは、恋愛デトックスカウンセラーの下村さきです。
友達から紹介された彼や仕事や趣味を通じて知り合った彼との初デートのあと、2度目のデートに誘われない…そんな経験をしたことはありませんか?
彼のことを好きになり出していたりすると、そのダメージって大きいですよね。
今回は、そんなときの挽回方法を考えます。

1.どこが悪かったか考える

まずは、最初のデートで悪かったところを探しましょう。
思い返してみれば、あれかも…?と思い当たることが少なからずあるはずです。
デートの約束をしたやりとりからデート当日にバイバイしたあとすぐのLINEの内容まで思い出してみましょう。
彼に「もう誘いたくない…」と感じさせてしまうことがなかったかを振り返ります。
最初は「絶対これだ!」と断定せずに、「もしかしてこれかな?」という候補をいくつか考えておいてください。

2.彼の性格を把握する

次に、彼の性格を考えます。
共通の知り合いがいないとなかなか難しいこともあるかもしれませんが、彼との会話や彼の言動を思い出してみましょう。
そもそも積極的にデートに誘ったりする性格ではないのかもしれません。
2度目のデートの誘いがないのは自分自身の言動のせいなのか、彼の性格的な問題なのか、あらゆる可能性をここで検討しておきます。

3.グループデートに誘う

彼から2度目のデートがない原因は簡単に判断できるものではありません。
ですから、検討したあとは、まず彼をグループデートに誘ってみましょう。
男女の人数を合わせるような堅い雰囲気のデートや合コンというよりは、複数人でワイワイ過ごすようなイベントがオススメです。
約束を取り付けたら、ここまで検討した結果を答え合わせするつもりでグループデートに参加し、彼の性格面を含めて調査するのです。
そこで再度彼へのアプローチ方法を考えてみましょう。

4.これまでと違うデートを提案する

彼があまりにもひいている状況で攻めるのは好ましくないですが、特に避けられている様子もないのであれば、グループデート中に『こないだのデートは楽しかった』ということを伝えて次回のデートの約束を取り付けられたらベスト!
そして次のデートは、最初のデートやグループデートとは違ったものを提案します。
ご飯を食べたり飲んだりしたのなら、軽いお茶にしたり映画にしたり遊び方を変えてみましょう。
違う関わり方をすると彼の違う面も見えますし、逆にあなたの違う面を見せることができるからです。
「付き合ったら、こんな風に過ごすことができるんだな」と相手に感じさせられるようにしましょう。

おわりに

何もデートは男性から誘わなければいけないというルールはありません。
「なんで次のデートに誘ってくれないんだろう…」ともやもやするくらいなら、ちょっぴり勇気を出して行動してみた方が後悔なく過ごせます。
諦める前に紹介した方法で再度彼へのアプローチを考えてみてくださいね。(下村さき/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事