2016.12.17

されたらアウト!男が「異性として見ていない」女子に取る行動

どんなに仲良くなっても、「異性」として見ることができなければ、恋が生まれることはありません。

気になる男性に自分が“女”として見られていない場合は、早急に改善をしないと、いつまで経っても恋人にはなれないでしょう。

そこで今回は、男が「異性として見ていない」女子に取る行動を紹介します。

1.「他の女性」の話をする

「他の女の話ばかりされると、私には興味がないということがはっきりとわかりますね」(28歳/女性/エステティシャン)

「気になっている女性の前では、さすがに他の女の話なんてしないと思いますね」(26歳/女性/販売)

気になる女性の前では、わざわざ違う女性の話を引き合いに出して誤解を招くようなことはしません。
ましてや、その女性のことを褒めたりするような内容だったら、あなたには気がないのかもしれません。
聞いてもいないのに、自分から違う女性の話をしてくるようだったら、あなたのことは話しやすい友達としか見ていないのかも。

2.「女の子を紹介して」と言う

「『誰か女の子を紹介してよ』と言われると、異性としては見られていないと実感します」(31歳/女性/広報)

「合コンのセッティングばかりお願いしてくる男は、私のことは何とも思ってないですね」(27歳/女性/飲食)

「合コン開いてよ」とか「誰か女の子を紹介してよ」なんて言われてしまったら、あなたのことは「異性」として見ていないのかも。
好きな女性に対しては、まずこんなことは言いません。
それどころか、あなたのことを「都合のいい女」として利用しようとしている可能性もあります。
断るときはちゃんと断らないと、いいように使われてしまいますよ。

3.「ドタキャン」することが多い

「何回も約束をドタキャンされると、大事にはされていない気がしちゃいますね」(27歳/女性/歯科衛生士)

「本気で好きな女の子との約束だったら、絶対にキャンセルなんかしないはず」(25歳/女性/IT)

好きな女性との約束だったら、よほどの理由がない限り、ドタキャンなんかするはずがありません。
しかも、そんなことが何回かあったのであれば、あなたへの恋愛感情はまずないでしょう。
そもそも本気で好きな女性とのデートであれば、絶対に予定を押さえられる日にするでしょうし、他の予定も一切入れないようにするものですよ。

4.「ふたりきり」でもいつも通り

「ふたりきりになっても、いつも通りで何も変わらないと、恋仲にはなれないかなって感じちゃいます」(29歳/女性/アパレル)

「ふたりで遊んでも、全くいい雰囲気になったりしないと、先に進展もできませんよね」(27歳/女性/音楽関係)

ふたりきりで会っていても、全くいつもと何も変わらない。
これでは恋愛関係に発展させることはかなり難しいでしょう。
少しでも気があったら、ふたりきりになったときに、男性も多少は緊張するはず。
そんな様子が一切見られず、ちょっとカッコつけたりするような素振りも見られないのであれば、完全に友達という認識なのかもしれません。

おわりに

「異性」として見ていない女性に対しては、男性もわかりやすく行動に出るものです。今回紹介したような行動が見られた場合は、もっと“女”を意識させないと、恋人になれる可能性はかなり低いですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事