2019.12.12

彼との沈黙が気まずい…!話ベタでも彼との会話を続けるコツとは?

彼氏がいる女性でも、「彼との会話が続かなくて気まずい」「嫌われちゃったらどうしよう」と悩んでいる人は多いようです。そこで今回は、元女探偵の筆者が彼との会話が続くコツについて解説します。
異性との会話が苦手な人のもっとも大きな特徴は「うまく話さないと」という思い込みが強いことです。沈黙を恐れるあまり、今日食べたものや観たテレビなど彼が興味を持てない話題をペラペラ話し続けてしまう傾向があります。その結果、彼の反応の悪さに落ち込んで余計に空回り……という悪循環にハマってしまうのです。
そこで覚えておいていただきたいのが、「沈黙が続いても大丈夫」ということ。男性は女性と違って言葉に依存しない傾向があります。「会話が弾まない」というだけで彼はあなたのことを嫌いになったりはしないので、自信を持ってくださいね。
会話が盛り上がるカップルとそうじゃないカップルで決定的に異なるのが「ふたりの価値観が似ているかどうか」です。

価値観は普段よく聞く音楽、いつも観ているテレビ、読んでいる本や漫画などインプットするもので作られます。彼が慣れ親しんでいるものを真似してみると、彼と似た価値観を築けるでしょう。

会話が続かない人というのは、実は他人にあまり興味を持っていないことが多いです。「普段どんな音楽を聞いてるの?」「一番好きな映画は何?こんど一緒に観てみたい」など、彼にもっともっと興味を持ってみましょう。
どんなに無口な彼でも、自分の得意な分野の話題になると急に饒舌になって語り始める人が多いです。自分が話すのが苦手なら、彼が語れることや話したがりそうな話題を見つけると良いでしょう。
彼の話を盛り上げるには、質問を投げかけてあげることが大切。会話の最中に質問をしていくと、彼の目が輝く内容や嬉しそうな顔をする内容が必ずあるはずです。その内容についてもっと深掘りしてあげれば、彼も気持ちよく話せるはずですよ。
会話を増やすのにもっとも効果的な方法は、共通の趣味を作ること。ただし、男性はプライドが高いので、彼女のほうが上手にできることや自分がかっこ悪い面を見せるようなことは避けたがります。

とくに「教える」「習う」という形だと会話はスムーズに進みますから、彼に色々と教わる様にしてみましょう。彼の趣味に「私もやってみたい」飛び込んでいくことで、共通の話題がぐっと増えるはずですよ。
話しベタで男性とふたりきりになるのが苦手……という人は「自分がしゃべらなきゃ」と思いすぎて焦っていることが多いのです。自分から無理に話そうとせず、彼にたくさん話してもらうことでいい雰囲気を作りだすことができます。そのためには、彼の興味があるものに興味を持ったり、積極的に質問をしてみることが大事。「話す」よりも「彼が話しやすい雰囲気を作る」ことを意識して、会話のキャッチボールをしてみてくださいね。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事