2019.12.09

ぶっちゃけ微妙…。友達に彼氏を見せられたときのお手本回答

「彼氏ができたの、みてみて!」と突然見せられた写真。正直微妙なルックスだったらどのようなリアクションをとっていますか?「イケメンだね」というにはわざとらしい。かといって「優しそう」というのもイケメン以外の人に伝える言葉として浸透しすぎている…。相手を不快な気分にさせずに感想を伝えるのはなかなか難しいですよね。ここでは、友達の多い女子たちに友達の彼が微妙だったときのリアクションについて聞いてみました。
「友達の彼がイマイチだった場合は“ツーショットもみてみた!”と頼み、ツーショットを見せてもらったら“ラブラブだね”と羨ましがるようにしています。顔を褒めるわけでもなく、ふたりの仲を褒めるのがポイント」(20代/フリーランス)

相手の彼がなんとも形容しがたい場合は、あえてツーショットの写真をせがむのもひとつの手。友達と彼がふたりで写っている写真を見せてもらって「仲良しだね」「愛があるね」「ラブラブだね」とふたりの関係性をうらやましがれば、友達も納得してくれるでしょう。たいていのカップルはツーショット写真も持っています。
「どんな人であれ男性であることには変わりないので、“男前だね”とか“男らしいね”と言うのが無難です。ひょろい人には使えないですが、ガタイがいい人とか太ってる彼氏がいる友達には使えます(笑)」(20代/学生)

どんな彼氏であれ、男性である場合がほとんどです。この場合は性別をとって“男前だね”、“男らしくて素敵だね”と褒めましょう。特に、一般的にいって太っている部類の男性や、マッチョすぎてガタイがいい彼氏に対してコメントしやすい言葉です。ひょろっとしている彼氏の場合には「モデルみたいなスタイルだね」と返すといいでしょう。
「全体的なルックスはイマイチなときはパーツごとに褒めます。“俳優の野村周平君に鼻が似てる~”とか。芸能人の名前を出すことで相手の彼を格上げして褒めることができるのでオススメです!」(20代/広告)

芸能人を例に挙げて相手を褒めるという手法もあります。たとえ、目だけ、鼻だけ、口だけであっても似ていることは同じこと。パーツだけなら本当に似ているかどうかもよくわからないので、パッと思いついた芸能人を口にして「口のところが似ているよね」などと褒めるのが◎
「見せてもらった画像が小さかったり、雰囲気だけでよくわからないときは“なんか素敵だね、今度ちゃんと紹介してね”と無難に返します。鮮明な画像を見せられて微妙だったときのリアクションに困るので、話を早く終わらせる方向で…(笑)」(20代/保険)

全体像を撮った写真や、画質が荒くてよく見えない画像には「なんかよさそうだけど…」と前置きしたうえで「今度ちゃんと紹介してよ~!」茶化すのがオススメです。相手の容姿というよりは、彼氏ができてよかったね、幸せそうでよかったねというニュアンスを伝えるのがベター。
友達の彼が微妙な場合でも、友達が幸せそうにしていればそれ以上のことはありません。相手を不快にさせずに、気持ちを伝えられるといいですね。(ハウコレ編集部)

(ハウコレ編集部)

関連記事