2017.01.21

上手に誘導!男性からの好感度をアップさせるLINEテクニック

こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。これまでに何度か紹介させてもらいました「LINEのテクニック」。今回は、男性目線からの「女性からこういうLINEを送ると良い」というテクニックを紹介したいと思います。ぜひ、参考にしてもらえたら嬉しいです。

1.読みやすさを考えて

自分のタイプの男性からLINEが来ると、ついついテンションがあがってしまい、これでもかと膨大な文字数のLINEを一度に集中投下してしまう女子います。気持ちはわかりますよ(苦笑)ただ、ここは、その溢れんばかりの彼への気持ちは一旦、落ち着かせましょう!
読む側の男としても文字数が多いと正直、読む気が失せますし、こっちも同じくらいの文字数で返さなければいけない嫌なプレッシャーにも感じてしまいます。
また、そんなLINEを送ったら、あなたのことを重たい女、面倒くさい女じゃないかって、男としては思ってしまいます。ここは相手の男性のことを考えて、読みやすいように3行~4行くらいの文字数でテンポよくコミュニケーションするべき。これ基本中の基本なので覚えておいてくださいね。

2.自然体

LINEのプロフの写真って皆さん何を使っていますか?一番、NGなのは本人の写真じゃない「風景」「謎のオブジェ」などの恥ずかしいのか、変わっているのかよくわからないやつです。とにかく自分じゃない写真はやめましょう。理由は簡単。時間がたつとLINE名とあなたの顔が一致しないというか、忘れてしまう問題が発生するからです。だから、必ず自分の顔写真をアイコンするように。
じゃあ、どんな顔写真を載せたらいいのでしょう?それはキメ顔?それともデコって盛々のもの?男性から見て好印象なプロフの写真は、自然体のものです。きどってない普段の自分が一番です。
だから、友達に自然な自分を盗み撮りしてもらいます。そういう時の写真が、肩の力も抜けて自然な笑顔がでてる最高の写真。少々、うつむいてはにかんでいていいんです。キメ顔はNGですよ。自意識過剰な女に思われちゃいますから。

3.初体験

気にいった男性とLINEは繋がっているものの、まだ、二人きりのデートにはこぎつけてない時にどうアプローチしたらいいのでしょう。多くの女子は、自分から強引にアプローチはかけづらいもの。ここは、相手から誘ってくるように誘導するのベターです。
そんな時のLINEテクニックが、会話の中で「まだ、○○に行ったことがないんだぁ」「○○君は行ったことあるの?」との「初体験戦略」です。あなたに少しでも興味あれば、「じゃあ、今度行く?」と高い確率で誘いがあるはずです。

4.一人で行けない

さらに男性を誘導する方法としてのもう一つが、「一人でいけないアピール戦略」です。「○○、ひとりじゃなかなか行けなくて」。行けない理由は、住んでいる場所から遠いという距離的な問題なのか、怖い恥ずかしいなどの精神的問題なのかはわかりませんが、とにかく一人でいけないアピールをするわけです。ここまでアピールすれば普通の男性なら「一緒に行ってあげるよ」と力強いメッセージをくれるはずです。

おわりに

好感度をあげるLINEテクニックを紹介させてもらいました。とくに、男性から誘われるように誘導するテクニックは、ここまでやってスルーされたら脈なしということで、あきらめて次にいくしかありません。多少、ハートが傷つくかもしれませんが、直接言って断れるよりは、まだいいと思います。精神的リスクヘッジしながらLINEを使いこなしてくださいね。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)
(河西歩果/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事