2017.01.25

ふたりでゾクゾクッ!マンネリ化しがちなキスのプラスワンテク

長く付き合っているカップルは、キスが日常の一部になり、挨拶のようになっていることもしばしば。それはそれで素敵なのですが、たまにはいつもと違うキスがしたいという想いもありますよね。今回は、マンネリを脱出する、キスのプラスワンテクをご紹介します。

1.キスの間に「好き」

キスをしているときは、相手のことを愛おしい、好きだなという気持ちが高まっていますよね。その気持ちを、そっとささやくように素直に伝えてみましょう。唇と唇が離れてすぐ、まだ顔が近づいた状態で、思わず心の声が漏れてしまった、というように「好き」や「大好き」、「愛してるよ」といえば、彼はゾクゾクしてしまうこと間違いなしです。こうした言葉を伝えるときに、彼の顔にかかるあなたの呼吸も、彼を興奮させるのに一躍買ってくれますよ。

2.キスしながら背中に腕を回す

キスをしながらハグすることで、さらに彼への想いを伝えることができます。「大好き」という気持ちを込めて、ぎゅっと力強くハグしても良いですし、彼を大切にしたいという気持ちを込めて、優しくさすってあげても良いですね。背中だけでなく頭をなでてあげれば、彼の緊張は解け、あなたに身をゆだねてくれるかも。腰やお尻に手を回せば、その先のことを想像して彼をドキドキさせてしまうかもしれません。

3.触れるか触れないかの焦らすキス

顔を近づけてキスするかと思いきや、鼻と鼻をくっつけたり、唇の表面だけが優しく触れ合ったりするような、焦らす仕草をしてみましょう。じゃれ合うように、ふざけ合うように、顔を近づけ合っているうちに、唇の繊細な感覚が蘇ります。「キスがしたい」と求める気持ちを改めて呼び起こすことができるので、彼はきっとゾクゾクしてしまうでしょう。

4.彼の唇を優しく噛む

唇と唇を合わせるだけがキスではありません。彼の下唇を優しく噛んでみるのもひとつのテクニック。噛むといっても、歯が当たらないように自分の両唇でそっと挟むようにすると柔らかさが伝わり、初心者でも試しやすいですよ。唇は、とても繊細で敏感な場所。彼は予想だにしていないいつもと違う刺激を受け、びっくりしつつも喜んでくれるはずですよ。恥ずかしいときは、じゃれ合うような雰囲気で「はむっ」と噛んでみると良いかもしれません。

想いを込めたキスを

いつもと違うキスは、彼をドキドキさせ、ふたりの恋に新鮮味を取り戻してくれます。マンネリを防ぐためにも、ぜひキスの上手な女性になって、彼を虜にしてくださいね。(tummy/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事