2019.12.07

付き合う前にチェック!彼氏にしてはいけない「サゲチン男」の特徴

一緒にいると女性が不幸になってしまう「サゲチン男」。そんな男に捕まってしまったら、大変なことになりますよね。

付き合ってしまう前に、まずは「サゲチン男」ではないか、ちゃんとチェックしておくことが大事でしょう。

そこで今回は、彼氏にしてはいけない「サゲチン男」の特徴を紹介します。
「いつも偉そうなことばかり言っているくせに、それを全く実行しようとしない男は、一番やばい男だと思いますね。一緒にいても悪影響を及ぼされるだけな気がします」(26歳/女性/販売)

偉そうなことを言ってばかりいて、全く行動を起こさない「口だけの男」。
こういう男性は全く尊敬もできないでしょうし、一緒にいても得るものもほとんどないでしょう。
自分から動き出すことがないので、将来に期待できる可能性も低いはず。
一緒にいるあなたのやる気まで奪ってしまって、運気も悪くなっていってしまいかねませんよ。
「自分の思い通りに支配しようとしてくる男と付き合ったことがあって、本当に最悪の恋愛でしたね。束縛したがるような男とは、二度と付き合わないと決めています」(28歳/女性/IT)

他人の行動など、全てを「コントロールしたがる男」。
こういう束縛心の強い男性と一緒にいると、息苦しさや窮屈さを感じてしまうだけ。
一方的に自分の思いをぶつけてくるタイプの男性なので、あなたに対する思いやりも欠けていることでしょう。
あなたへの本当の愛情を持っている男性は、こんな行動を取ったりはしませんよ。
「彼女にお金を借りるようになったり、彼女の家に転がり込むようになるような男とは、絶対にすぐに別れるべき。ヒモ体質の典型的なダメ男の行動ですよね」(27歳/女性/ネイリスト)

甘え上手でなんでも他人にしてもらうような人っていますよね。そういった男性は、気がついたときには、どんどんと彼女に「寄生する男」と化します。
お金の支払いはいつも彼女だったり、いつの間にか家にも転がり込んだりと、少しずつヒモ状態になっていったりもするかも。
甘え上手で母性本能をくすぐるのもうまかったりするので、ついついつけ込まれてしまう可能性がありますから、注意が必要ですよ。
「彼女の気持ちなど考えてくれずに、自分の思いだけで動くような男性とは、絶対に付き合いたくないです。そんな恋愛をしても、幸せになれるはずがないですもんね」(27歳/女性/アパレル)

とにかく自分のことしか考えていない、いつでも常に「自分優先の男」。
彼女の気持ちや思いなんて考えてもくれないので、思いやりのカケラもありません。
一緒にいても自分のことばかりですから、カップルとしての幸福感は全く味わえないでしょう。
結局は自分のことしか好きになれないタイプの男性でもあるので、付き合っても時間のムダになってしまうかも。
「サゲチン男」を彼氏にしてしまったら、女性が苦労するだけです。勢いで付き合ってしまったりせずに、まずはちゃんと見極めることが、幸せな恋愛を手に入れるためには重要なポイントですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事