2017.02.05

「なぜわたしはモテないのだろう」と悩むくらいなら美味しいものを食べて寝たほうがいい

なぜわたしはモテないのだろう……こんな悩みを抱えている人は、悩まないで美味しいものをお腹いっぱい食べて、寝ちゃったほうがいいでしょう……今回は、こんなお話をしたいと思います。

■モテた経験とモテなかった経験から・・・

「なぜわたしはモテないのだろう」と悩み、「よし、ではモテるために自分磨きでもしてみようか」とか「女子力を高めることができるなにかをしてみようか」と思って、いわゆる自分磨きをしている人もいると思います。

それはそれで正しいことなのだろうと思います。
自分磨きや、女子力を高めること、要するに「努力」って、「より良い人に出会うために」やること、つまり「自分がモテたいと思う人にモテるためにやること」なわけですから、正しい行いなのだろうと思います。

でも、モテた経験と、さっぱりモテなかった時期との両方を経験している人は、なにも自分の努力だけがもとでモテたわけではなかった、と知っているでしょう。
あるいは努力したところで、それがモテにとって、なんの役にも立たなかったこともあると知っていると思います。

■モテの王道とは・・・

「モテ期」という言葉を、おそらく誰もが聞いたことがあるでしょう。
理由は定かではないけれど、なぜかモテる時期のことですよね。

「定かではない理由」をあえて言葉で言い切るなら「努力と運が見事に一致した」という言い方がふさわしいのかもしれません。
つまり、モテるというのは、いい相手と出会えたということであり、出会いって結局のところ、努力だけでもダメだし、運だけでもダメなわけですよね。
努力と運とが、たがいに絶妙なバランスでハモったからモテた……というのが、おそらく一般的な見方ではないでしょうか。

■みんな今のままでも十分努力しているのです

自分磨きなどの努力をしてもさっぱりモテないときに、それでも必死の形相で努力し続けたら、ちょっぴり寂しいお顔立ちになったりします。
そういうことになるくらいなら「今はモテないけど、モテない理由を考えたり、モテる努力をするのではなく、適当に美味しいものでも食べて寝てしまおう」と考えておくといいです。

「モテ」にとって努力と運という2つの歯車が必要であるとするならば、片方の車輪である努力だけでは、モテません。
運をどうにかして高めないと、努力が本来の力を発揮してくれません。
運の高め方は……ものすごくたくさんあります。たとえば占いの先生に聞くと、たくさんの方法を教えてくれるでしょう。
でも、運の高め方のベースにあるものは、「そこまでむずかしくものを考えない」ということなのです。
「なぜわたしはモテないのだろう」と、悩みまくって、むずかしく考えてしまうくらいなら、気持ちを大きくゆったりと持って、お腹いっぱい温かいご飯を食べて寝るといいのです。

おわりに

誰だって、より良い相手とめぐり会うために努力しているでしょう。努力って「我慢」とか「辛抱」とか、そんな「今の時代に流行ることのない」キーワードが支えている行為ではないのです。
より良い人に出会いたいという欲求が、ひとりでに努力させるわけですよね。
だから、そういう意味では、誰だって「生きているだけで努力している」はずです。

その努力に、ほんの少し、どうやったら良くなるのかわからない「運」という要素も加味してあげる。
すると、自然に「ま、モテない理由を考えても仕方ないから、今日はご飯を食べて寝ちゃおう」と思えてくることでしょう。
よく食べて、よく寝て、細かいことにイラっとしない人に、運命の女神は、いつの時代も微笑みかけるのだろうと思いますが、いかがでしょうか。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事