2017.02.08

モテ女がやっている男性への「ちょこっとプレゼント」作戦

男性に奢ってもらったときのお礼や、何かをお祝いしてもらったときのお返しなどはどうしていますか?モテる女性たちは言葉で感謝の気持ちを伝えるだけではなく、ちょっとしたプレゼントを贈ることで他の女子にぐっと差をつけているようです。

そこで今回は、20代~30代の女性に男性の心をつかめる、お金をかけずにできるちょっとしたプレゼントについて聞いてみました。

・「写真」

「一眼レフが趣味なので、気になる男性を撮ってあげて画像をプレゼントすると超喜ばれます。とくにモノクロに渋く仕上げて渡すと『また撮って!』と頼まれることも多いですね」(28歳/人材派遣会社勤務)

「スマホで写真を撮って送る……くらいはみんなやると思うんですが、プリントしてミニアルバムを作ってプレゼントすると相当喜ばれますよ。渡す口実でデートの約束を取り付けたことも」(27歳/PR会社経営)

今はスマホでも簡単に写真が撮れますが、画像をLINEなどで送るのと実際にプリントして渡すのでは全然印象が違うようです。男性は女性ほどは写真を撮ってもらえる機会がないので、イケメンに撮ってあげるだけで心を掴めちゃうようですね。

・イニシャル入りのハンカチ

「食事をご馳走になったお礼に贈ることが多いのが、イニシャル入りのハンカチです。先輩に教えてもらったテクニックですが、すごい子だとアルファベット全部用意してある子もいます」(24歳/受付)

「男ウケ抜群なプチギフトならイニシャル入りのハンドタオル。間違いないです」(22歳/ヨガ教室講師)

ネクタイなどは、あまり親しくない男性に贈ると重い印象を与えてしまいますが、ハンカチなら気軽に使えるので受け取って貰いやすいのです。イニシャル入りのハンカチであれば、お手頃な値段で手に入る上に相手の印象にも残りやすいので、他の女子と差をつけられそうです。

・ちょっとした食料品

「甘いものを食べない男性にスイーツをあげても処理に困るだろうし、お酒も個人個人で趣味があるので案外難しいんですよね。そんなときに喜ばれるのは調味料。美味しい醤油などであれば料理しない人でも使えるのでいいみたいですよ」(24歳/栄養士)

「残業中につまめるヘルシーなプロテインバーを差し上げたら喜ばれました」(25歳/インストラクター)

相手に本当に喜ばれるプレゼントに共通するのは、相手の状況をよく考えて送っているという点です。消費してしまえば形の残らない食料品は重くならないですから、これから発展させていく関係の男性に送るにはピッタリのプレゼントでしょう。食べる状況も踏まえて、相手の手間にならないものを選べるとなお良いですね。

・言葉のプレゼント

「Facebookなどに投稿した内容に『いいね!』を押すだけだと目立てません。狙った男性を落とすのに効くのは、投稿を褒める内容を直接メッセージやLINEで送ること。ちゃんと読んでいることも伝わるし、褒められて嬉しくない男性はいないので」(30歳/エステサロン勤務)

「『疲れた~』などの投稿を見つけたらすかさず『お仕事大変なんですね』などこっそりねぎらいのメッセージを送るとお礼にデートに誘われる確率高いです」(22歳/大学生)

「俺のこと分かってくれてる!」と男性が心を掴まれるのが言葉のプレゼント。ほかの人にも見えてしまうコメント欄だと彼も反応しにくいので、こっそりふたりだけのトーク画面で送るのがポイントだそうですよ。ねぎらいの言葉や心配の言葉をかけて、彼の心をグッと掴んじゃいましょうね!

おわりに

お礼の意味も込めたちょっとしたプレゼントは、彼に対する特別感をうまく演出して、男性の心をくすぐることができます。あなたの気持ちをプレゼントに変えて、ぜひ気になる彼に送ってみましょう。うまく恋のきっかけをつくることができるかもしれませんよ。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事