2019.12.03

断りづらい相手からの誘いに使える!関係を壊さない脈ナシアピール

こんにちは、コラムニストの愛子です!

お世話になっている目上の方や、毎日顔を合わせる同僚や同級生から誘われたときって、断り方に迷いませんか? 失礼なことを言いたくないし、気まずくなるのもイヤだからと、悩んでいる女性が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、関係を壊さず脈ナシアピールする方法をご紹介します!
「日頃から距離をおいておくと、誘われにくいはず。男って、女性が自分をアリって思っているかどうかを、距離で測るんだ。近づいてみて、避けられなければちょっとボディタッチして、それでも嫌がられなかったらアリ! みたいな。だからなんか近いなと思ったら、自然な感じでそーっと距離をおいてあげて。いきなり嫌がられるとショックだから(笑)」(29歳/男性/不動産)

パーソナルスペースと言って、恋人や家族のような親しい人にしか入られたくない領域が誰にでもあります。特に女性は、親しくない男性との距離が近いと不快に感じることが多いのではないでしょうか。

自分がちょっとイヤだなと感じる男性とは距離をとって、事前に脈ナシアピールをしておきましょう。ただし、相手が無意識だった場合は失礼にならないよう自然な態度を心がけることが大切です。しかしわざとだとわかるときは、ある程度ハッキリ態度に出してもOKです。「近いです(笑)」などと冗談っぽく、それでいてハッキリと、NGであることを伝えましょう。日頃から相手との距離に注意していれば、誘われたくない相手にお誘いを受けることが減るはずです。
「カレシや好きな人がいるって分かると、断られても仕方がないと思える。自分が男としてナシって言われたわけじゃないから、あんまり傷つかない」(25歳/男性/飲食)

これが1番男性を傷つけない方法だと思います。本当にカレシや好きな人がいる場合は、本当のことを言えばいいだけなので簡単ですよね。もしいなくても、ウソがバレない間柄であれば、「カレシ」がいると言ったほうが、相手の男性も諦めがつくと思います。もし同じ学校や職場などで親しくしていて、カレシがいるというウソには無理があると思う場合は、「好きな人」にしておきましょう。
「気のない男性に誘われたとき私はいつも、〇〇ちゃんも誘っていいですか? って他の人を巻き込む。LINEで今度ご飯行こうねって言われても、みんなにも伝えておきますって返すこともあるよ。3回くらい繰り返せば、相手の男性も脈ナシなんだって察してくれると思う」(26歳/女性/美容関係)

いい方法だと思います。敏感な男性なら、誘った女性に「みんなで」と言われた時点ですぐに脈ナシだとわかってくれるでしょう。

ただ鈍感な男性や、遊び慣れている男性は、めげずに「みんなでじゃなくて、君とふたりきりがいいんだけど」などと言ってくるかもしれません。相手の男性がそこまでハッキリ言ってくるようなら、こちらもきちんとお断りするしかないでしょう。
「私はいつも、当分忙しいので時間ができたらこちらから連絡しますって伝えるよ。それでもし催促されたら、また同じことを言う。2回繰り返せば、3回目誘われることはないはず。接するときには普通に感じ良くしていれば、関係が壊れることはないんじゃないかな」(29歳/女性/司会者)

これは、相手の男性が遊び慣れている場合には有効です。あなたからの連絡を待っている間に他の女性と食事しそうな男性の場合、これがベストな断り方かもしれません。

しかし、相手の男性が一途にあなたを想ってくれているのなら話は別。ハッキリお断りするよりプライドを傷付けてしまう可能性もあるからです。そういうときは、カレシ(好きな人)がいるからとお断りしたほうがいいでしょう。
せっかく自分をいいと想ってくれた男性をなるべく傷つけずに、いい関係を保ちたいですよね。今回ご紹介した方法を参考に、日頃の態度や断り方を工夫してみてください! (愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事